Featured Video Play Icon

『ストックホルム・ケース』【1/22~】

2020/12/09

豪華キャストで描く、スウェーデンで本当にあった
驚愕の強盗事件の真相とは…?

伝説的なトランペット奏者チェット・ベイカーの半生を綴り、日本でもスマッシュヒットを記憶したイーサン・ホーク主演、ロバート・バドロー監督による映画『ブルーに生まれついて』。同作の主演監督コンビが再びタッグ組み、豪華キャストで贈るクライム・スリラーが『ストックホルム・ケース』だ。
本作は誘拐事件や監禁事件などの被害者が、犯人と長い時間を共にすることにより、犯人に連帯感や好意的な感情を抱いてしまう心理現象「ストックホルム症候群」の語源となった、“スウェーデン史上、最も有名な銀行強盗事件”として知られる5日間の立てこもり事件(ノルマルム広場強盗事件)を基にしている。

今までにないクレイジーでハイテンションな強盗犯ラース役を魅力いっぱいに演じるイーサン・ホークをはじめ、不運にもラースの人質になるが、どこか憎めない彼に不思議な感情を芽生えさせていく銀行員ビアンカに『ミレニアム』シリーズや『プロメテウス』のノオミ・ラパス。ラースの犯罪仲間グンナー役を『キングスマン』シリーズや『裏切りのサーカス』などで知られる英国出身の名バイプレイヤーであるマーク・ストロングが演じるなど、実力派たちの演技アンサンブルは必見!
製作には『ゲット・アウト』『アス』などのヒットメーカー、ジェイソン・ブラムが参加。音楽にこだわりのあるバドロー監督らしく、劇中歌には「新しい夜明け」「今宵はきみと」「明日は遠く」「 トゥ・ビー・アローン・ウィズ・ユー」などボブ・ディランの名曲たちが登場。それらは自由の国アメリカに憧れるラースの心境や、1970年代当時のスウェーデンの雰囲気を感じさせ、強い印象と情感を醸し出す。
極限状態の中で、何故、正反対の立場の彼らが心を通わせたのか? 本作は人間が持つ不思議な共感能力を、ユーモアを交えながらスリリングに描き出していく。

1973年、スウェーデン国民は
その強盗事件の行方を固唾を飲んで見守った

何をやっても上手くいかない悪党のラース(イーサン・ホーク)は自由の国アメリカに逃れるために、アメリカ人風を装いストックホルムの銀行強盗を実行する。彼は幼い娘を持つビアンカ(ノオミ・ラパス)を含む3人を人質に取り、犯罪仲間であるグンナー(マーク・ストロング)を刑務所から釈放させることに成功。続いてラースは人質と交換に金と逃走車を要求し、グンナーと共に逃走する計画だったが、警察は彼らを銀行の中に封じ込める作戦に打って出る。現場には報道陣が押し寄せ、事件は長期戦となっていく。すると犯人と人質の関係だったラースとビアンカたちの間に、不思議な共感が芽生え始める……。

 

2018年/カナダ・スウェーデン合作/92分
監督:ロバート・バドロー
原題:Stockholm
出演:イーサン・ホーク/ノオミ・ラパス/マーク・ストロング/ビー・サントス/他
配給:トランスフォーマー

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 1/22(金)~2/4(木)
1/22(金)~1/28(木) ①12:25  ②19:15
1/29(金)~2/4(木) 時間未定

 

(C)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved.

© 2021 ソレイユ