『僕が星になるまえに』【12/28~1/10】

2013/12/28

僕たちは辿り着けるだろうか 運命のその先に―

TVシリーズ「SHERLOCK/シャーロック」のシャーロック・ホームズ役で世界的にブレイクし、日本でも熱狂的なファンを得たベネディクト・カンバーバッチ。さらにこの夏公開の超大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』で演じた敵役ジョン・ハリソン役ではカリスマ的な存在感を放ち、その注目度は加速するばかりだ。そんな彼の記念すべき初主演映画が本作『僕が星になるまえに』である。“過酷な運命に立ち向かう末期ガンの青年”という難役に挑み、観る物を惹き込む卓越したその演技は、まさに“俳優”ベネディクトの原点を再認識させてくれる。

共演には、JJ・フィールド(『キャプテン・アメリカザ・ファースト・アドベンジャー』)をはじめとする、イギリスの若手実力派が顔を揃える。まるで本物の親友のような、彼らの絶妙なアンサンブルも見所の一つだ。
ウェールズの美しい自然を背景に描かれる男同士の固い絆、生きることの意味―。そして衝撃的な結末には、誰もが耐え難いほど胸を締め付けられるだろう。母国イギリスを始め世界各國で上映され、高い評価を得ながらも日本では未公開だった感動の物語が、待望の日本公開となる。

【ストーリー】
29歳の誕生日を迎えたばかりのジェームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)。しかし、末期ガンに冒された彼に残された時間は多くなかった。ジェームズは三人の親友、デイヴィー、ビル、マイルズを誘って“世界で一番好きな場所”、ウェールズ地方のバラファンドル湾へキャンプ旅行に出かける。しかし、体力が衰えつつあるジェームズをカートに乗せ、男だけの気ままな旅は思わぬトラブルとケンカの連続。やがて、それぞれが抱える葛藤や本音がさらけ出されていく―。そして、目的地を目の前にしてジェームズの病状が悪化。皆の制止を振り切り、激痛に苦しみながらも前へ進もうとするが…。過酷な道のりの末に辿り着いたその場所で、ジェームズが明かしたこの旅の真の目的とは―。

main-jibun_large
2010年/イギリス/93分

監督:ハッティ・ダルトン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ/J・J・フィールド/トム・バーク/他
配給:アルバトロス・フィルム

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 12/28(土)~1/10(金)終了
12/28(土)~1/3(金) ①14:05 20:25(※12/31(火)、1/1(水)はなし)
1/4(土)~1/10(金) ①14:15 ②20:25(レイト)

[margin_5t]©CINEMA ONE SPV4 LTD MMX ALL RIGHTS RESERVED

© 2021 ソレイユ