『ハイヒール革命!』【10/8~】

2016/08/05

性を変える、体を変える、アタシは変わる。

今、最もメディアを“ザワつかせている”LGBTの世界 ――
10代の終わりに♂→♀に生まれ変わった眞境名ナツキ、
難しい手術を乗り越えた彼女の過去と現在を赤裸々に映し出した異色作!!

今や新聞やテレビをはじめ、ネットニュース等あらゆるメディアで話題となり耳にする機会が増えた「LGBT」の世界。「LGBT」とは、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)の一部を指し、「レズビアン(女性同性愛者)」「ゲイ(男性同性愛者)」「バイセクシュアル(両性愛者)」「トランスジェンダ―(心と体の性が一致しない人)」の頭文字を組み合わせた言葉だ。日本でも、2015年に一部エリアで同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「同性パートナーシップ条例」が可決され、話題になったことが記憶に新しい。認知はされつつあるが、一部差別や偏見は根強く、周囲の十分な理解やサポートがまだまだ必要であることもまた現状だ。

本作は男として生まれた真境名まじきなナツキ(本名:真境名薫)が、思春期に“性の壁”をも越えて女に生まれ変わり、いかにしてコンプレックスを豊かな個性に変え“本当の自分”を勝ち取ったのか― リアルなインタビューパートと、取材に基づいた少年時代のドラマパートを交互に見せながら現在と過去を描く。誰もが笑って泣ける型破りな新しいタイプのドキュメンタリー&ドラマがここに誕生した。

監督は、『築城せよ!』(09)で長編映画デビューし、最近では密室スリラー『JUDGE』(13)でメガホンをとった古波津陽。ナツキをはじめ世間のリアルな声を収録したインタビューに加えて、取材に基づいて描いた再現ドラマパートも見どころだ。大河ドラマ「龍馬伝」で子役として注目を浴び、最近ではイケメンすぎる!と話題の濱田龍臣が、ナツキの原点でもある少年時代を熱演。今年16歳になる彼が、カツラをつけて女子の制服を着る姿は、見間違えるほど可愛らしい女の子になりきっている。メイクをするシーンはまさに女子そのもの!

【ストーリー】

真境名まじきなナツキ、29歳。(本名:真境名 薫)

その瞬間は小学校に入学する時に訪れる。真っ黒なランドセルをプレゼントされた時、愕然とした。説明のできないモヤッとした違和感が残る。女子の制服を着たくても先生にすら理解してもらえない抑圧された中学時代から一転、女子バレー部キャプテンとして活躍する劇的な高校生活。

家族の優しさに支えられ、なりたい自分へ近づくために七転八倒。思春期に様々な障害を乗り越えてきた彼女は、コンプレックスをいかにして自分らしさに変えたのか?より美しくなるためにどう生まれ変わってきたのか?10代の終わりに決心した難しい手術は本来の自分を勝ち取るための、まだほんの始まりにすぎなかった―

1aa0f59e7e7222932016年/日本/73分/
監督:古波津陽
出演:真境名ナツキ/濱田龍臣/秋月三佳/小宮有紗/中田裕一 他
配給:エスパース サロウ

舞台挨拶 決定!
【実施日】10月8日(土)
【実施時間】 14:50の回終了後16:15位から15分~20分の舞台挨拶があります。
【登壇者】プロデューサー益田氏(予定)
【場所】高松・ソレイユ2(香川県高松市亀井町10-10ソレイユ第1ビルB1)TEL087-861-3302
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

[margin_5t](C)2016「ハイヒール革命!」製作委員会

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 10/8(土)~10/14(金)
10/8(土)~10/14(金) ①15:00 ※8(土)のみ14:50

 

 

 

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.