『偉大なるマルグリット』【6/11~】

2016/04/06

祝!第41回セザール賞 4部門受賞!カトリ―ヌ・フロ主演女優賞受賞! 録音賞、衣装賞、美術賞
第72回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞ノミネート

マダム歌声には、本人だけが知らない〈秘密〉があった。

“伝説の音痴”と呼ばれた実在の歌姫からインスピレーションを得て生まれた、愛と情熱の人生オペラ!

誰が聴いても音痴なのに、誰からも愛されたという、まさに“耳”を疑うソプラノ歌手がアメリカに実在した。ある時たまたまラジオから流れてきたその歌声に心を奪われ‘伝説の歌姫’の驚きの実話を、さらに魅惑的な映画に生まれ変わらせたのは、カンヌ国際映画祭やセザール賞の常連で、いま世界から注目されている才能、グザヴィエ・ジャノリ監督である。“音痴の歌姫マルグリット”の物語は、フランス国内でたちまち大ブームを巻き起こし、初登場第1位を記録、動員は100万人を突破した。一人の稀有なる女性の愛と情熱を描き、かつて味わったことのない笑いと涙を届ける人生オペラが、ついに日本にもやって来る!
【ストーリー】

1920年、フランス郊外にあるマルグリット・デュモン男爵夫人の邸宅で、サロン音楽会が華やかに開かれていた。辛口評論で有名な新聞記者のボーモンが招待客の貴族たちに紛れ込んでいた。いよいよ主役のマルグリットの登場となり“夜の女王のアリア”を歌い出すと、ボーモンは唖然とする。マルグリットは壊滅的な音痴だったのだ。しかし、貴族たちは礼儀にのっとり拍手喝采を贈る。その輪の中には、わざと遅れて帰宅した夫のジョルジュの姿もあった。

翌朝、ボーモンは新聞に「心をわし掴みにする声」と大絶賛の評を寄せる。マルグリットは大喜びで、お礼を言うためにパリへと走る。実はマルグリットに近付くためにボーモンは書いたのだが、彼女の奇跡的な無邪気さと大胆さに魅了されたのは嘘ではなかった。

一方、ジョルジュはそんな妻が理解できず、妻の友人と浮気していた。愛する夫に相手にされないマルグリットは、歌と並ぶもう一つの生き甲斐である、憧れのオペラのヒロインになりきった“撮影会”に没頭する。そんな折、マルグリットはボーモンから、パリで開く音楽会に出演しないかと誘われる。邸宅以外で歌うなどとんでもないとジョルジュは何とか阻止しようとするが、主人を慕う執事のマデルボスに邪魔される。案の定、音楽会は大失敗となるが、マルグリットは本物の観客の前で歌う喜びに目覚め、パリでリサイタルを開くと決意したのだ。マルグリットは有名オペラ歌手ペッジーニを教師に雇い、本格的なボイストレーニングに励み始める。

果たして、本人だけが知らない“秘密”は守られるのか?
そして、マルグリットのリサイタルの行方は──?

偉大なるマルグリット大2015年/ フランス /129分/PG12
原題:Marguerite
監督:グザビエ・ジャノリ
出演:カトリーヌ・フロ/アンドレ・マルコン/クリスタ・テレ/ミシェル・フォー/シルバン・デュエード
配給:キノフィルムズ

上映場所 ソレイユ2(地下)
上映期間 6/11(土)~6/24(金)
6/11(土)~6/17(金) ①9:50 ②16:55
6/18(土)~6/24(金) ①14:45

[margin_5t](C)2015 - FIDELITE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - SIRENA FILM - SCOPE PICTURES - JOUROR CINÉMA - CN5 PRODUCTIONS - GABRIEL INC.

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.