『ヒトラーを欺いた黄色い星』【8/31~】

7000人ものユダヤ人が戦時下のベルリンに潜伏し、
1500人が終戦まで生き延びた衝撃的な史実!
いかにして彼らはヒトラー率いる
ナチスのホロコーストを免れたのか?

第二次世界大戦下の1941年から1945年にかけて、ナチスに虐殺されたヨーロッパのユダヤ人は約600万人と言われている。そのうち16万人がドイツ国籍を持っており、ドイツ系ユダヤ人の国外移住は禁じられ、違法ルートでの脱出もほぼ不可能だった。そして1943年6月19日、ナチスの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスは、ドイツの首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと正式に宣言した。

しかし事実はそうではなかった。約7000人ものユダヤ人がベルリン各地に潜伏し、最終的に約1500人が戦争終結まで生き延びたのだ。ユダヤ人迫害の嵐が吹き荒れる極限状況のもと、彼らはどのようにして身分を隠しながら住みかや食料を確保し、恐ろしいゲシュタポの手入れや密告者の監視の目をすり抜けていったのか。実際の生還者たちへのインタビューに基づいて製作された『インヴィジブル』は、この驚くべき歴史のミステリーを解き明かす実録ドラマである。

生きる希望を捨てなかった若者4人の驚きに満ちた実話を、
実際の生還者たちの証言を交えて映画化し、
知られざる真実を今に伝える真実の物語

戦時中のベルリンで地下に潜伏したユダヤ人に関する緻密な調査を行ったクラウス・レーフレ監督は、そこから最も興味深い4つのサバイバル・ストーリーを選び出し、その映画化を実現させた。いずれも潜伏開始時に16歳から20歳の若者だったツィオマ・シェーンハウス、ルート・アーント、オイゲン・フリーデ、ハンニ・レヴィの物語である。

運よく収容所行きを免れ、大胆にもドイツ人兵士に成りすましてベルリン市内の空室を転々としたツィオマは、ユダヤ人の命を救うための身分証偽造を行った。友人とともに戦争未亡人を装って映画館に出かけたルートは、ドイツ国防軍の将校にメイドとして雇われることに。最も若い16歳の少年オイゲンはヒトラー青少年団の制服を着て身元を偽り、反ナチスのビラ作りに協力。17歳の孤児ハンニは髪をブロンドに染めて別人になり、映画館で知り合った男性の母親の家に匿われた。

 

2017年/ドイツ/110分
監督:クラウス・レーフレ
原題 :Die Unsichtbaren
出演:マックス・マウフ/アリス・ドワイヤー/ルビー・O・フィー/アーロン・アルタラス/ビクトリア・シュルツ/他
配給:アルバトロス・フィルム

 

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 8/31(金)~9/13(木)
8/31(金)~9/6(木) 時間未定
9/7(金)~9/13(木) 時間未定

(C)2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion (C)Peter Hartwig