『バレエ ボーイズ』【12/19~】

2015/09/10

北欧版 『リトル・ダンサー』、バレエに打ち込む3人の少年の成長物語

躍動感あふれる映像に、彼らのきらめく一瞬一瞬が刻まれてゆく。
観たら必ず応援したくなる、夢、葛藤、挫折、挑戦、すべてがつまった青春ドキュメンタリー。

北欧・ノルウェーの首都、オスロでプロのバレエダンサーを目指す3人の少年——ルーカス、トルゲール、シーヴェルト。男子はめずらしいバレエの世界で、ひたむきにレッスンに打ち込む。時にはふざけ合いながらも厳しい練習に耐え、お互い切磋琢磨していたが、ある日ルーカス1人だけが名門ロンドン・ロイヤル・バレエスクールから招待を受け、3人は人生の分かれ道の選択を余儀なくされる。 12歳から16歳というもっとも多感な4年間に、危うくもしっかり未来を見据えひたむきに夢に向かって踊り続けるバレエボーイズ。躍動感溢れる映像に、彼らのきらめく一瞬一瞬が刻まれていく。観たら必ず応援したくなる、夢、葛藤、挫折、挑戦、すべてが詰まった青春ドキュメンタリー。

【ストーリー】

高くジャンプし、高速でピルエットする時、少年たちの顔には汗が流れる。プロのバレエダンサーになりたいという夢を実現するため、週6日は猛特訓の日々を過ごす『バレエボーイズ』。まだあどけなさが残る14歳の彼らの課題は、女の子を持ち上げられるように上半身を鍛えること。

毎日誰よりも早くスタジオに来てストレッチをするルーカス。親から学業を優先してほしいと言われるシーヴェルト。街で知らない人から挨拶されるのは楽しい、と話すトルゲール。ロッカールームではふざけあい、女の子の話をしたりしながら、互いに意識しながら励ましあい、夢に向かって切磋琢磨する。バレエダンサーという同じ夢を持ち、ともに舞台に立つ3人は、かけがえのない存在として友情を育んでいた。

週末のパーティを犠牲にして、懸命にバレエのレッスンに打ち込むのは、オスロ国立芸術アカデミー(KHiO)への入学が全てだったからだ。入学を許可されるかどうかは、審査員にかかっている。教師は少年たちを心配し、バレエダンサーになれなかった場合は、どうするのかと問いかける。不安や戸惑い、プレッシャーを払いのけて舞台へ挑む。フランス・グラース国際バレエコンクール、スウェーデン・ファールン北欧バレエコンクールを経て、3人ともをKHiOへの入学のチケットを手にするのだった。

しかし、初めての人生の分かれ道が3人を待ち受けていた。出願していないにも関わらず、ルーカスだけに名門・英国ロイヤル・バレエスクールからオーディションの招待状が届く。一世一代のチャンスに緊張するルーカス、2人の仲間、両親や学校の先生も彼の決断を見守る。高額の学費、言語の問題、環境の変化、そして自分自身の才能について、ルーカスの不安は尽きなかったが、答えは決まっていた。「僕にはバレエ以外の道はない」、3人はそれぞれの方向に進みはじめるのだった。

poster2

2014年/ノルウェー/75分/PG12
原題:Ballettguttene
監督:ケネス・エルベバック
出演:ルーカス・ビヨルンボー/シーベルト・ロレンツ・ガルシア/トルゲール・ルンド
配給:アップリンク

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 12/19(土)~1/1(金)
12/19(土)~12/25(金) ①11:55 ②18:00
12/26(土)~1/1(金) ①11:30

[margin_5t]

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.