『自由が丘で』【4/11~】

2015/01/27

加瀬亮☓ホン・サンス監督奇跡のコラボレーション!
日本での出会いが生んだ、遊び心あふれる愛すべき物語。

自らホン・サンス ファンを公言する加瀬亮。2012年の秋、来日していたホン・サンスとの対談がきっかけとなり『自由が丘で』は生まれた。初対面にも関わらず意気投合! その場で出演のオファーを受けるほどであった。「出会いたかった監督に出会えた」と語る加瀬に対し、ホン・サンスも「初めて会った時から、一緒に映画を作りたいと思った」と語る。『自由が丘で』のワールドプレミアとなった第71回ヴェネチア国際映画祭で、奇跡ともいうべき相思相愛なふたりのコラボレーションは、批評家のみならず、ヨーロッパの観客からも称賛をもって迎えられた。

クリント・イーストウッド、ミシェル・ゴンドリー、ガス・ヴァン・サント、アッバス・キアロスタミなど、世界の名だたる監督たちの作品に出演する加瀬亮。これまでの監督たちとは違うホン・サンスの製作スタイル。毎朝、撮影の前に脚本が渡されるため、役柄について事前に準備することができず、加瀬は、ただ自分自身でいようと心掛けたという。今までの出演作では見せたことのない等身大の男を飾らずに演じ、ホン・サンス作品に欠かせないムン・ソリ、ソ・ヨンファ、キム・ウィソンら韓国人キャストと初めてとは思えない絶妙なアンサンブルを魅せる。

【ストーリー】

思いをよせる年上の韓国人女性クォン(ソ・ヨンファ)を追いかけて、ソウルへとやってきた男、モリ(加瀬亮)。しかし、彼女は見つからず、彼女に宛てた日記のような手紙を書き始める。彼女を探して、ソウルの街をいったりきたり。同じゲストハウスに泊まっているアメリカ帰りの男(キム・ウィソン)と仲良くなり、毎晩のように飲んで語らって。迷子になった犬をみつけたことで、カフェ<自由が丘>の女主人(ムン・ソリ)と急接近。ワインを飲んで良いムードに…。路地の多い迷路のような街で、時間の迷路に迷い込むモリ。モリは彼女に会えるのだろうか?モリにとっての本当の幸せとは…?

大自由が丘で大2014年/韓国/67分

監督:ホン・サンス
出演:加瀬亮/ムン・ソリ/ソ・ヨンファ/キム・ウィソン/チョン・ウンチェ
配給:ビターズ・エンド 

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 4/11(土)~4/24(金)
4/11(土)~4/17(金) ①12:30 ②20:40
4/18(土)~4/24(金) ①12:15 ②15:50

[margin_5t](C)2014 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.