Featured Video Play Icon

『行き止まりの世界に生まれて』【12/4~】

2020/09/16

小さな町で必死にもがく若者3人の12年を描く
エモーショナルな傑作ドキュメンタリー!

「アメリカで最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビンの3人は、幼い頃から、貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいた。スケート仲間は彼らにとって唯一の居場所、もう一つの家族だった。いつも一緒だった彼らも、大人になるにつれ、少しずつ道を違えていく。ようやく見つけた低賃金の仕事を始めたキアー、父親になったザック、そして映画監督になったビン。ビンのカメラは、明るく見える3人の悲惨な過去や葛藤、思わぬ一面を露わにしていく---。希望が見えない環境、大人になる痛み、根深い親子の溝…ビンが撮りためたスケートビデオと共に描かれる12年間の軌跡に、何度も心が張り裂けそうになる。それでも、彼らの笑顔に未来は変えられると、応援せずにはいられない。痛みと希望を伴った傑作が誕生した。

“トランプのアメリカ”の知られざる現実がここにある。

ロックフォードは、ラストベルト―鉄鋼や石炭、自動車などの産業が衰退し、アメリカの繁栄から完全に見放された<錆びついた工業地帯>にある。2016年の大統領選で、“夢を失った”ラストベルトの人々による投票がトランプ大統領誕生に大きな影響を与えた。映画完成時20代であったビン・リュー監督は、閉塞感のある環境で生きる若者たちの姿を通して、親子、男女、貧困、人種…さまざまな分断を見つめる。趣味のスケートビデオから始まったこの映画は、若者たちのパーソナルな物語でありながら、今の世界を映しだす奥行きをみせ、「21世紀アメリカの豊かな考察」(ニューヨーク・タイムズ)、「ドキュメンタリーの新時代」(WIRED)と評された。アカデミー賞、エミー賞Wノミネート、サンダンス映画祭をはじめ59の賞を総なめ、ロッテントマト100%と、全米の批評家・観客、そしてオバマ前大統領もが絶賛!2020年11月の大統領選でも改めて注目を浴びるであろうラストベルト。本作の主人公たちの等身大の物語を通して、未来のアメリカが見えてくる。

 

2018年/アメリカ/93分
監督:ビン・リュー
原題:Minding the Gap
出演:キアー・ジョンソン/ザック・マリガン/ビン・リュー/ニナ・ボーグレン/他
配給:ビターズ・エンド

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 12/4(金)~12/17(木)
12/4(金)~12/10(木) 時間未定
12/11(金)~12/17(木) 時間未定

 

(C)2018 Minding the Gap LLC. All Rights Reserved.

© 2020 ソレイユ