『マジカル・ガール』【6/18~】

2016/04/06

アルモドバル大絶賛!17ぶりの快挙!サン・セバスチャンでダブル受賞!
愛が運命を狂わせる。その速度マジカル級!
フィルム・ノワールの新たなる傑作の誕生!

監督と脚本を務めるのは、本作が劇場デビューとなるスペインの新星カルロス・ベルムト。イラストレーター、漫画家としてキャリアをスタートさせ映画の世界へ。自主製作で完成させたデビュー作“Diamond Flash”は、スペイン国内でオンライン配給され、2週間にわたって最も多く視聴された映画となるだけでなく、批評家からも絶賛され、映画雑誌“Caiman”が選ぶ2012年のスペイン映画第1位を獲得し、一気に注目を集める存在となる。

そして、本作『マジカル・ガール』は、2014年サン・セバスチャン国際映画祭のコンペティション部門に出品された。公式上映されるや、そのブラックユーモアに包まれた独創的なストーリー、全く先読みできない巧みな構成、スタイリッシュな映像、そして想像を絶するラストに、観客は唸り、批評家たちは舌を巻いた。映画祭を『マジカル・ガール』一色に染め、見事グランプリと監督賞をダブル受賞する快挙を成し遂げた。同映画祭において、グランプリと監督賞を同時に受賞したのは1997年のクロード・シャブロル監督の『最後の賭け』以来17年ぶりの出来事であった。また、巨匠ペドロ・アルモドバル監督は、「宝石のような映画『マジカル・ガール』。私はこの映画を猛烈に愛する」と大絶賛を贈った。

【ストーリー】

白血病で余命わずかな12歳の少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。 娘の最後の願いをかなえるため、父ルイスは失業中にもかかわらず、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。 どうしても金策がうまくいかないルイスは、ついに高級宝飾店に強盗に入ろうとする。まさに大きな石で窓を割ろうとした瞬間、 空から降ってきた嘔吐物が彼の肩にかかるー。心に闇を抱える美しき人妻バルバラは、逃げようとするルイスを呼び止め、自宅へと招き入れる。 そして…。バルバラとの“過去”をもつ元教師ダミアンは、バルバラと再会することを恐れている。 アリシア、ルイス、バルバラ、ダミアン―決して出会うはずのなかった彼らの運命は、交錯し予想もしない悲劇的な結末へと加速していく……。

poster22014年/ スペイン /127分/PG12
原題:Magical Girl
監督:カルロス・ベルムト
出演:バルバラ・レニー/ルシア・ポシャン/ホセ・サクリスタン/ルイス・ベルメホ/イスラエル・エレハルデ 他
配給:ビターズ・エンド

上映場所 ソレイユ2(地下)
上映期間 6/18(土)~7/1(金)
6/18(土)~6/24(金) ①9:40 ②17:20
6/25(土)~7/1(金) ①16:20

[margin_5t]Una produccion de Aqui y Alli Films, Espana. Todos los derechos reservados (C)

© 2022 ソレイユ