『リディック ギャラクシー・バトル』【6/21~7/4】

2014/06/21

銀河の果てで、暴れようぜ。

前作『リディック』から約10年、その人気は勢いを増し、映画ファンたちの狂おしいほどの続編製作の声に応え、遂にあの男が帰ってきた!
遥か遠い未来。果てしなく広がる銀河宇宙を縄張りとし、自由自在に星から星へと行き来し、多くの人々を震え上がらせる銀河最凶のワル“リディック”。生きのびるためには殺人を犯すこともいとわない冷血漢であり、どんな状況であっても決して諦めない最強のサバイバー。絶対の戦闘能力と、たぐい稀な暗視能力を持ち、その“首”に賭けられた報酬金は銀河の最高ランク。デンジャラスでクールなダークヒーローである。
そんな彼がまたしても大暴れする。シリーズのお約束ともなった、不可能としか思えないサバイバルにチャレンジし、ユニークで恐ろしいモンスターと闘い、自分以上に凶悪な賞金稼ぎたちとの死闘に臨む。想像を絶する辺境の惑星で、激しすぎる“ギャラクシー・バトル”を繰り広げるのだ。
目覚めたら未知なる辺境の惑星――。そこは永遠に続くかのような荒野に、見たこともない凶暴かつ危険すぎるモンスターが巣食う不毛の土地だった。そんな星でひとりサバイブするリディックの前に現れたのは、彼を狙う荒くれ者の賞金稼ぎたち。それもリディックと深い因縁のあるヤツだった―!

【ストーリー】
リディック(ヴィン・ディーゼル)はひとり、見知らぬ惑星で目を覚ました。一度は宇宙を統べるネクロモンガー族の最高位、ロード・マーシャルの座に就いていたリディックだったが、権力に執着する司令官ヴァーコ(カール・アーバン)の巧みな罠にハマり、今は傷だらけの身体を荒野に横たわらせていた。ヴァーコは、その星をリディックの生まれ故郷フューリア星であると偽り、彼を置き去りにしたのだ。果たしてリディックの運命は……!?

リディックポスター
2013年/アメリカ/119分/R15+

監督:デビッド・トゥーヒー
出演:ビン・ディーゼル/ジョルディ・モリャ/マット・ネーブル/他
配給:プレシディオ

上映場所 ホール・ソレイユ(4F)
上映期間 6/21(土)~7/4(金)終了
6/21(土)~6/27(金) ①14:40 ②19:40
6/28(土)~7/4(金) 20:35(レイト)

[margin_5t]
©2013 RIDDICK PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.