Featured Video Play Icon

『宇宙の法 エローヒム編』【10/8~】

2021/09/01

INTRODUCTION

地球文明の始まりをテーマにした前作『宇宙の法―黎明編―』から3年。待望の地球叙事詩の続編が堂々完成した。前作に引き続き「新世紀エヴァンゲリオン」「キャプテン翼」などに携わった今掛勇が監督・総作画監督・キャラクターデザインを担当。主要キャストには、大原さやか、新井里美、掛川裕彦、高橋広樹、置鮎龍太郎など実力派声優が揃い、1億5千万年の時を超えた地球を巡る正と邪の戦いを描き出す。また宇宙の守護神・ヤイドロンの指導を受け地球防衛にあたる女戦士・ヤイザエル役には「龍の歯医者」『宇宙の法―黎明編―』が絶賛された千眼美子が参加し熱演している──この地球に正義が打ち立てられた“真実”が、いま説き明かされる!

 

STORY

今から約1億5千万年の昔、地球はすでに高度な文明が各地に存在し、宇宙人と地球人とが共存しながら生活を営んでいる美しい星であった。その繁栄の中心となっていたのが、地上に降臨した地球神エローヒムが統治するエローヒムシティであった。清らかな水路が張り巡らされた街の中心にはエローヒム宮殿が高くそびえ立ち、パングルとセラフィムという二人の女神が守護していた。
ある日、平穏な日々を送っていた地球人類に危機が訪れる。ケンタウルスβ(ベータ)星人の標的に地球が選ばれたのだ。高度な科学技術を持ち、破壊を好む彼らは、裏宇宙の使者・ダハールと手を組み、暗黒エネルギー「ダークマター」を用いた巨大隕石爆弾を地球に仕向けた。
地球の危機に立ち向かうべく、エローヒム神は自ら前線に立ち、地球を愛する戦士たちが後に続く。宇宙の守護神・ヤイドロンの指導を受けている女戦士ヤイザエルが、エローヒム神の命により、地球防衛にあたる。射手座のアモールも、「愛」と「自己犠牲の精神」を地球に伝えるべく、地球に招かれる。
はたして地球の運命は!そして、エローヒム神が説く愛と正義の教えとは――。

 

2021年/日本
監督:今掛勇
出演:千眼美子/大原さやか/新井里美/掛川裕彦/他
配給:日活

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 10/8(金)~11/11(木)
10/8(金)~10/14(木) ①9:30  ②14:20  ③18:55
10/15(金)~10/21(木) ①9:00  ②13:45  ③18:15 ※16日(土)17日(日)18日(月)は日本語字幕付き上映です。
10/22(金)~10/28(木) ①9:00  ②18:00 ※23日(土)24日(日)25日(月)は日本語字幕付き上映です。
10/29(金)~11/4(木) ①10:00  ②14:25
11/5(金)~11/11(木) 時間未定

 

 

(C)2021 IRH Press

© 2021 ソレイユ