『パッション』【1/11~1/24】

2014/01/11

女の敵は、女。

若くして世界的な広告会社の重役の地位にのぼりつめたクリスティーンは、仕事でもプライベートでもとことん貪欲な女性である。キャリアアップのためなら手段を選ばない彼女は、有能かつ従順な部下のイザベルが考案した斬新なCMのアイデアを横取りし、まんまと社長の信頼を勝ち得ることに成功する。しかし都合のいい操り人形として手なずけたはずのイザベルがまさかの反撃に転じたことから、ふたりの出世争いは危険なパワーゲームへと激化。女性の内なる魔性のダークサイドを呼び覚ますその攻防は、ついにはおぞましい殺人事件へと発展するのだった……。
めくるめく恐怖と謎に満ちた『キャリー』『殺しのドレス』『ミッドナイトクロス』といった傑作で“ヒッチコックの後継者”と呼ばれるほどの魔術的なサスペンス演出を披露し、『アンタッチャブル』『ミッション:インポッシブル』などの娯楽大作でも世界中を魅了してきたブライアン・デ・パルマ監督。他の追随を許さない独創的なヒット作を世に送り続けてきたこの鬼才が、『リダクテッド 真実の価値』以来5年ぶりとなる待望の新作を完成させた。

デ・パルマ監督が最も得意とするサスペンス&ミステリー・ジャンルへの復帰を果たした『パッション』は、鬼才の完全復活を鮮烈に印象づけるとともに、このうえなくセンセーショナルな題材に挑んだ意欲作である。時代のトレンドを先取りし、生き馬の目を抜く熾烈な競争が繰り広げられる広告業界を舞台に、上司と部下の関係であり、なおかつ同世代のライバル同士でもあるキャリアウーマンふたりの闘いを描出。相手を出し抜く狡猾な駆け引きはもちろん、卑劣な官能と恥辱の罠までもが張り巡らされた物語は、中盤にショッキングな殺人シーンが炸裂するクライム・スリラーに転じ、さらにはその背後に仕組まれた完全犯罪をめぐるミステリーへと変貌を遂げていく。流麗な技巧を極めたサスペンス術で観る者を幻惑し、エクスタシーにも似た甘美な陶酔へと誘う“デ・パルマ・マジック”の真骨頂がここにある。

【ストーリー】
クリスティーン(レイチェル・マクアダムス)は、野心を隠さず、狡猾さと大胆な行動で国際的な広告会社の重役へと登り詰めた。アシスタントであるイザベル(ノオミ・ラパス)は、当初は憧れを抱いていたが、手柄を奪われ、同僚の前で恥辱を受け、彼氏には裏切られ、それらすべてをクリスティーンが裏で糸を引いていたと知った時、殺意が芽生え、遂に殺害を決意する。
しかし、その計画は自分自身が不利になるような証拠を構築した矛盾に満ちたものだった‥。実行の日、イザベルはバレエに出掛け、一方のクリスティーンは誘惑を示唆するような招待状を受け取る。相手は不明だがサプライズを好むクリスティーンは、自宅の寝室で裸になり、この秘密の愛人との出逢いを心待ちにするのだが…。野心、欲望、嫉妬が渦巻く世界。美しい化粧の下に潜む殺意と情熱、その素顔。
果たしてイザベルは復讐を遂げたのか?謎が螺旋状に積み重なり合う殺人ミステリーの結末とは?女の諍いに運命の女神は誰に微笑みかけたのか━。
poster
2012年/フランス・ドイツ合作/101分/R15+

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:レイチェル・マクアダムス/ノオミ・ラパス/カロリーネ・ヘルフルト/他
配給:ブロードメディア・スタジオ

上映場所 ホール・ソレイユ(4F)
上映期間 2014/1/11(土)~1/24(金)終了
1/11(土)~1/17(金) ①13:50 ②20:10(レイト)
1/18(土)~1/24(金) ①13:40 ②19:50

[margin_5t]©2012 SBS PRODUCTIONS - INTEGRAL FILM - FRANCE 2 CINEMA

© 2021 ソレイユ