『がむしゃら』【7/25~】

2015/05/23

生きるのって苦しい、でも楽しい。

女優・安川結花としても活動する現役女子プロレスラー、安川惡斗の半生を追ったドキュメンタリー。中学時代にいじめ、レイプ、自殺未遂を経験して人生を諦めかけたところを1人の医師の言葉に救われ、演劇や女子プロレスとの出会いによってようやく自分の居場所を見出したという過去が本人の言葉で赤裸々に明かされる。何度も絶望の淵に立たされながらも決して人生を諦めず、がむしゃらに戦い続ける姿を描き出す。監督は「セックスの向こう側 AV男優という生き方」の高原秀和。

安川惡斗(やすかわ・あくと) ACT YASUKAWA
<本名:安川祐香/芸名:安川結花>

幼少期に、剣道を習い、「侍になりたい」と思っていた。

中学生の時、いじめにあい、近所の公園で何者かにレイプされる。希望を失い、自殺未遂を図るも一命をとりとめる。高校の時に演劇と出会い、卒業後、日本映画学校に入学。在学中より女優として数々の舞台に出演し、満島ひかり等とも共演。映画学校卒業後、ニナガワスタジオを100人以上の受験者の中合格し、蜷川幸雄の元で演技を勉強。映画『デスノート』『東京タワー』他、テレビ、舞台など女優としてのキャリアを重ねる。

11年1月、舞台「レスラーガールズ」で共演した愛川ゆず季の影響を受け、11年8月に女子プロレス団体「スターダム」に入団し、12年2月にデビュー。デビューからヒール・レスラーを豪語し、初代アーティスト・オブ・スターダム王座、ワンダー・オブ・スターダム王座を獲得。

しかし、華々しいレスラー人生を歩んでいる最中、14年4月、甲状腺の悪化により長期欠場を余儀なくされ、タイトルも返上。厳しいリハビリとトレーニングに耐え、14年12月6日の新木場1stRingでのタッグ戦で8ヶ月ぶりに復帰。15年1月18日、後楽園ホールでのスターダム4周年記念大会で、返上していたワンダー・オブ・スターダムのタイトルを奪還。第5代チャンビオンとして返り咲く。

現在、ヒールレスラーとして活躍している。

gamu2014年/日本 /102分
監督:高原秀和
出演:安川惡斗/高橋奈苗/脇澤美穂/夏樹☆たいよう/世IV虎
配給:太秦
舞台挨拶が決定!!
【実施日】8月2日(日)
【実施時間】14:30の回が終了後
【登壇者】高原秀和 監督、安川惡斗さん
※上映後の舞台挨拶になります。
【場所】高松・ソレイユ2 (香川県高松市亀井町10-10ソレイユ第1ビル地下)TEL087-861-3302
【料金】通常料金
※サイン会、 Tシャツ、サントラCDの販売も予定しております。
※席は全席自由席となっております。

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 7/25(土)~8/7(金)
7/25(土)~7/31(金) ①9:40 ②14:35
8/1(土)~8/7(金) ①14:30

[margin_5t](C)MAXAM Inc.

© 2021 ソレイユ