Featured Video Play Icon

『蛇の道』【6/28~】

アルベールの娘は、誰に、なぜ殺されたのか。
事件の思いがけない首謀者とは。
国境を越えた<徹底的復讐>の先に待ちうける真実とは──

『岸辺の旅』で第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞に輝き、『スパイの妻 劇場版』では第77回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞、『Chime』ワールド・プレミアを第74回ベルリン国際映画祭で行うなど、世界三大映画祭を中心に国際的な評価を次々に獲得し、世界中の映画ファンから熱い視線を浴び続けてきた監督・黒沢清。『蛇の道』は、そんな黒沢監督が、98年に劇場公開された同タイトルの自作をフランスを舞台にセルフリメイクし、自ら「最高傑作ができたかもしれない」と公言するほどのクオリティで放つリベンジ・サスペンスの完全版である。
愛娘を何者かに殺されたアルベール・バシュレは、パリで働く日本人の診療内科医・新島小夜子の協力を得ながら犯人探しに没頭、復讐心を募らせていく。だが、事件に絡む元財団の関係者たちを拉致監禁し、彼らから重要な情報を手に入れたアルベールの前に、やがて思いもよらぬ恐ろしい真実が立ち上がってきて…。
アルベールの復讐に協力する小夜子に扮したのは、柴咲コウ。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でタイトルロールを演じ、『君たちはどう生きるか』『ミステリと言う勿れ』などの話題作への出演でも知られる彼女が、フランス語の厳しいレッスンに臨み、現地で実際に生活をして、パリで暮らす謎多きヒロインを完璧に自分のものにしている。復讐に燃えるアルベールを演じたのは、『レ・ミゼラブル』でセザール賞主演男優賞にノミネートされた注目のフランス人俳優、ダミアン・ボナール。また、『ドライブ・マイ・カー』、『首』で世界的に注目を集め、黒沢監督とは5度目のタッグとなる西島秀俊が心を病んだ小夜子の患者・吉村役で、『ゴジラ-1.0』、『犯罪都市 NO WAY OUT』など国内外の話題作への出演で勢いに乗る青木崇高が小夜子の夫・宗一郎役で出演。さらに、『ダゲレオタイプの女』に続く黒沢監督作品への出演となる、『彼女のいない部屋』などの監督としても知られるマチュー・アマルリック、『ネネットとボニ』などのグレゴワール・コランらフランスの名優が拉致される財団の幹部に扮し、脇を固める。

STORY

何者かによって娘を殺された父、アルベール・バシュレ。偶然出会った精神科医の新島小夜子の協力を得て、犯人を突き止め復讐することを生きがいに、殺意を燃やす。
“誰に、なぜ、娘は殺されたのか”。とある財団の関係者たちを2人で拉致していく中で、次第に明らかになっていく真相。
“必ずこの手で犯人に報いを——”その先に待っているのは、人の道か、蛇の道か。

 

2024年/フランス・日本・ベルギー・ルクセンブルグ合作/113分
監督:黒沢清
原題:Le chemin du serpent
出演:柴咲コウ/ダミアン・ボナール/マチュー・アマルリック/西島秀俊/他
配給:KADOKAWA

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 6/28(金)~7/11(木)
6/28(金)~7/4(木) 時間未定
7/5(金)~7/11(木) 時間未定

(C)2024 CINEFRANCE STUDIOS - KADOKAWA CORPORATION - TARANTULA

© 2024 ソレイユ