Featured Video Play Icon

『トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代』【6/7~】

2024/05/12

日本の音楽史を変えた先駆者、
加藤和彦にフォーカスした初めてのドキュメンタリー映画

まだネットもSNSもなかった時代。若者世代が支えていた深夜ラジオから、日本全国へ人気が広まったザ・フォーク・クルセダーズの一員。ピンク・フロイドやロキシー・ミュージックを手掛けた新進気鋭のプロデューサー、クリス・トーマスが自らプロデュースしたいと名乗り出て日本よりも先にイギリスで評価されたサディスティック・ミカ・バンドのリーダー。高橋幸宏、坂本龍一、細野晴臣らのYMOメンバーの参加を得て、加藤和彦作品の金字塔と呼ばれたヨーロッパ三部作に代表されるソロアーティスト。作曲家、プロデューサー、アレンジャーの幾つもの顔を持ち、手掛けたアーティスト、楽曲は数えきれない。いつの時代も必ず一歩先にいた音楽家、それ故に後年悩みも深かった加藤和彦の、輝かしい軌跡を追う世界初のドキュメンタリー映画がついに完成した。

同じものは作らないをモットーにジャンルも多岐に渡る、
加藤和彦の功績に迫る

フォーク、ロック、ボサ・ノヴァ、トロピカル・サウンド、レゲエ、タンゴなど、時代時代に敏感に、誰よりも深く研究し取り入れていた加藤。その楽曲の幅広さ、意外性は一人の音楽家の手によるものとは気がつかないかもしれない。本作では、加藤の人生、生きた時代を捉えながら、加藤にどのような変化があったのかを、関係者らの証言や当時の貴重な映像で紐解いていく。どこか飄々と時代を先取りしていた天才的な音楽家、加藤和彦のことを深く知ってほしい。

胸に響く音楽とは……
歌い継がれていくことで時代を超えて愛される、名曲の数々

加藤和彦はその功績を知れば知るほど興味深い人物だった。今まで、もっと語られるべきでありながら、実はあまり語られていない。この映画は、高橋幸宏の加藤和彦に対する想いがきっかけとなり、『音響ハウス Melody-Go-Round』の相原裕美監督の呼びかけで映画の企画がスタート。本作では、彼の曲を愛する若い世代のアーティスト達がTeam Tonoban(加藤和彦トリビュートバンド)を結成、名曲「あの素晴しい愛をもう一度」を新たにレコーディング、その模様も描かれており、歌い継がれていくこと、語り継がれていくことの大事さをスクリーンに映し出している。

 

2024年/日本/118分/G
監督:相原裕美
出演:きたやまおさむ/松山猛/高梨美津子/朝妻一郎/他
配給:ナカチカピクチャーズ

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 6/7(金)~6/27(木)
6/7(金)~6/13(木) ①11:40 ②18:50
6/14(金)~6/20(木) ①11:55 ②19:30
6/21(金)~6/27(木) ①17:50

 

 

 

(C)「トノバン」製作委員会

© 2024 ソレイユ