Featured Video Play Icon

『生きててよかった』【8/19~】

死に物狂いで生き切った---
この人生、喜劇か、悲劇か。

相手にがむしゃらに向かって行くファイトスタイルで人気を博したプロボクサー・楠木創太。
しかし長年の闘いが体を蝕み、ドクターストップによって強制的に引退を迫られる。引退を機に恋人・幸子と結婚し、新しい生活をスタートさせるが、社会では全く役に立たず厳しい現実を痛感させられる。

悶々とした日々を過ごすある日、創太のファンだと名乗る謎の男から大金を賭けて闘う、欲望うずめく地下格闘技へのオファーを受ける・・・。

もう一度闘えることに、忘れかけた興奮が蘇り、空っぽの自分を埋めるように沸き立つアドレナリン。闘うことに取り憑かれた男の狂気と愚直なまでの生き様は果たしてハッピーエンドとなるか、バッドエンドとなるか?

ドニー・イェンが認めた才能、逆輸入俳優・木幡竜!
人生の逆転を懸けた主演デビュー作!!

主人公・創太を演じるのは、自身もプロボクサーの経歴を持つ木幡竜。
プロボクサー、サラリーマンを経て一念発起で俳優を志すも芽が出ず不遇の時代を過ごしたが、オーディションで出演を勝ち取った中国映画『南京!南京!』で高い評価を得ると、単身中国に渡り、翌年のアンドリュー・ラウ監督の『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』でドニー・イェンと死闘を演じる悪玉のトップを演じ一躍注目を浴びる。以来、中国を拠点に映画やドラマに出演。近年は『サムライマラソン』で長谷川博己の敵役として、昨年は綾野剛主演のドラマ「アバランチ」で最狂の敵を演じ、遂に初主演作に辿り着いた。
これまでのアクション俳優たちと渡り合ったキャリアを武器に、過酷な減量とトレーニングで体脂肪率3%まで搾り上げた鋼のような肉体が魅せる本格アクションは、まさに規格外!
監督・脚本を務めたのは、『くそガキの告白』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞ほか4冠を獲得した鈴木太一。アクション監督には『ベイビーわるきゅーれ』の園村健介。共演には鎌滝恵利、今野浩喜、桝俊太郎、永井短、銀粉蝶、火野正平など個性豊かな実力派が顔を揃えた。

 

2022年/日本/119分/PG12
監督:鈴木太一
出演:木幡竜/鎌滝恵利/今野浩喜/柳俊太郎/他
配給:ハピネットファントム・スタジオ

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 8/19(金)~8/25(木)
8/19(金)~8/25(木) 時間未定

 

 

 

(C)2022ハピネットファントム・スタジオ

© 2022 ソレイユ