Featured Video Play Icon

『牛久』【4/15~】

2022/03/01

“おもてなし”の国、日本――?
収容者たちから語られる胸を突く言葉の数々
この国の“偽りの共生”が暴かれる

茨城県牛久市にある東日本入国管理センターに収容された人々の証言を通し、日本の入管収容所の実態を捉えたドキュメンタリー。在留資格がない人や更新が認められず国外退去を命じられた外国人を「不法滞在者」として強制的に収容するため、全国に17カ所設けられている入国管理施設。そのひとつである東日本入国管理センターには、紛争などにより出身国に帰ることができず難民申請をしている人も多いが、彼らの声が施設の外に届けられる機会はほとんどない。日本でドキュメンタリー作品を撮り続けてきたアメリカ出身のトーマス・アッシュ監督が、施設の厳しい規制をくぐり抜け、当事者たちの了解を得て、面会室で驚きの実情を訴える9人の証言を隠し撮りの手法を用いて記録。長期の強制収容や非人間的な扱いで精神や肉体を蝕まれ、日本という国への信頼や希望を失っていく人々の姿を映し出す。

 

2021年/日本/87分
監督:トーマス・アッシュ
配給:太秦

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 4/15(金)~4/21(木)
4/15(金)、4/17(日)~4/21(木) ①11:55  ②16:20
4/16(土) ①11:55※上映終了後に約15分間の監督舞台挨拶あり  ②16:30

 

 

 

(C)Thomas Ash 2021

© 2022 ソレイユ