Featured Video Play Icon

『1秒先の彼女』【8/27~】

こんなラブストーリーはなかった!
2人の間のちょっとの《時差》から生まれる、
かつてない《奇跡》に笑い、涙する

郵便局で働くシャオチーは、仕事も恋もパッとしないアラサー女子。何をするにもワンテンポ早い彼女は、写真撮影では必ず目をつむってしまい、映画を観て笑うタイミングも人より早い...。
ある日、ハンサムなダンス講師とバレンタインにデートの約束をするも、目覚める となぜか翌日に。バレンタインが消えてしまった...!?
秘密を握るのは、毎日郵便局にやってくる、常にワンテンポ遅いバス運転手のグアタイらしい。シャオチーは街中の写真店で、なぜか目が見開いている見覚えのない自分の写真を偶然見つけるが…。
人よりワンテンポ早い彼女の消えたバレンタインを巡る物語。...と、ワンテンポ遅い彼のもうひとつの物語。その秘密を紐解いていく先に、誰も見たことのない最高 の《奇跡》が待っている。そして訪れる至福のラストに、きっと誰もが笑い、涙する。

失くした「1日」を探すなかで見つけたもの---
自分らしく生きたいと願う、あなたに贈る物語

失くした「1日」を探す旅に出るシャオチ―。私書箱の鍵、父と交わした最後の約束、幼少期のある思い出――慌ただしく生きてきた彼女がいつの間にか失くしてしまった「大切なもの」に気づいていく。
『エターナル・サンシャイン』、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』など、これまで「時間」をテーマにした数々の名作ラブストーリーが生み出されてきた。『1秒先の彼女』がその系譜に連なりつつも一線を画すのは、オリジナリティあふれるアイデアと巧みなストーリー展開。そして、不器用でなんともユニークな登場人物たちの個性が愛おしい。「普通」のテンポから少しはみ出してしまうことに悩む彼女らの姿は、他人との違いにコンプレックスを抱える私たちの姿とも重なるだろう。これは、自分らしく生きたいと願う、あなたに贈る物語。たとえ孤独を感じていても、すぐには気づけなくても、ありのままのあなたを愛する人がきっといる。

台湾アカデミー賞最多5冠に輝くチェン・ユーシュン監督の
原点回帰にして最高傑作がついに日本上陸!

90年代台湾映画界において、ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらの台湾ニューシネマに続く、台湾新世代の〈異端児〉として出現したチェン・ユーシュン。独特のタッチで瑞々しい青春模様を描いた『熱帯魚』、『ラブ ゴーゴー』は若い世代から多くの共感を獲得。当時の日本でも熱狂的な人気を誇り、華々しいデビューを飾るが、その2作品を残してしばらく映画製作から離れてしまう。その後、CM業界に活躍の場を移していたが、16年ぶりに本格的に映画製作に復帰。長編復帰3作目となる『1秒先の彼女』は、20年前から温めていた脚本を基に撮りあげた。その「時間」と「愛」についての物語は、今この時代を生きる私たちの心にそっと寄り添ってくれる。
チャーミングな人柄そのままにシャオチーを演じるのは、人気司会者であり俳優のリー・ペイユー。グアタイを演じるのは、いま台湾で大ブレイク中の実力派俳優リウ・グァンティン。愛すべきはみ出し者たちをユーモアと優しさ溢れる眼差しで描いてきたチェン・ユーシュンの原点回帰にして、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最多5冠(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞)に輝く渾身の最高傑作がついに日本上陸!

 

2020年/台湾/119分
監督:チェン・ユーシュン
原題:消失的情人節 My Missing Valentine
出演:リウ・グァンティン/リー・ペイユー/ダンカン・チョウ/ヘイ・ジャアジャア/他
配給:ビターズ・エンド

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 8/27(金)~9/9(木)
8/27(金)~9/2(木) 時間未定
9/3(金)~9/9(木) 時間未定

 

 

(C)MandarinVision Co, Ltd

© 2021 ソレイユ