Featured Video Play Icon

『王の願い ハングルの始まり』【7/16~】

2021/05/16

ソン・ガンホ × パク・ヘイル競演!

置かれた立場も、秘めたる信念も様々でありながら、民のために尽くすキャラクターに韓国を代表する名優が集結。『パラサイト 半地下の家族』の世界的大ヒットで国際派スターへ躍進したソン・ガンホは、全ての民が文字を読み書きできる国を夢見た世宗王を演じ、『王の運命 -歴史を変えた八日間-』『観相師 -かんそうし-』に続く史劇映画で重厚な存在感を見せる。一方、天性の演技派俳優パク・ヘイルは、王に反発心を抱きながらもいつしか支え合うシンミ和尚に扮し、静かな姿のなかに熱い情熱を思う存分込めた。また、本作が遺作となった韓流ドラマの聖女チョン・ミソンが王后役として登場し、男たちの苦悩や衝突を慈母のように見守る。三人にとっては『殺人の追憶』以来16年ぶりの共演作であり、ソン・ガンホとパク・ヘイルの二人は『グエムル -漢江の怪物-』で兄弟役を演じていたため、本作でも息の合った名シーンを生み出している。

豊かな想像力と渾身の努力を駆使して完成した
壮大なる史劇エンターテインメント!

ソン・ガンホ主演『王の運命 -歴史を変えた八日間-』の脚本で「映画評論家協会賞 最優秀脚本賞」ほか多くの賞に輝いたチョ・チョルヒョンが、本作で待望の監督デビューを飾り、脚本も担当。さらに『王の運命 -歴史を変えた八日間-』の名プロデューサー、共同脚本家、衣装監督らが再びタッグを組み、『お嬢さん』『暗殺』の美術監督が時代の息づかいを精巧に再現する。韓国映画として初めて韓国のユネスコ世界文化遺産「海印寺蔵経板殿」「浮石寺無量寿殿」「鳳停寺」での撮影を敢行したことでも注目を集め、時代考証と現代的解析を融合かつ調和させた壮大な群像ドラマの世界観が目の前に広がる。 のちにハングルと呼ばれる「訓民正音」完成までのドラマティックな展開を主軸に、王と逆臣とのスリリングな対立や、王家が直面する哀しき運命など、全編を通して重厚な見どころが折り重なる史劇エンターテインメントが誕生した!

朝鮮固有の文字「ハングル」に命をかけた世宗王、最後の8年間。

朝鮮第4代国王・世宗の時代。これまで朝鮮には自国語を書き表す文字が存在しておらず、上流階級層だけが特権として中国の漢字を学び使用していた。この状況をもどかしく思う世宗は、庶民でも容易に学べて書くことができる朝鮮独自の文字を作ることを決意。そこで、低い身分ながら何カ国もの言語に詳しい和尚シンミとその弟子たちを呼び寄せ、協力を仰いだ。王を取り巻く臣下たちは、国の最高位である王様が最下層の僧侶と手を取り合い、庶民に文字を与えようとしている前代未聞の事態に激しく反発。逆境と葛藤のなか、世宗大王とシンミは民へ贈る新たな文字作りに突き進んでいく──!!

 

2019年/韓国/110分
監督:チョ・チョルヒョン
原題:The King's Letters
出演:ソン・ガンホ/パク・ヘイル/チョン・ミソン/キム・ジュンハイ/他
配給:ハーク

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 7/16(金)~7/29(木)
7/16(金)~7/22(木) ①11:05
7/23(金)~7/29(木) ①11:30

 

(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M,Doodoong Pictures ALL RIGHTS RESERVED.

© 2021 ソレイユ