Featured Video Play Icon

『スーパーノヴァ』【7/23~】

2021/05/12

20年来のカップルの<人生の最終章>を描いた感動作

映画『スーパーノヴァ』は、20年という歳月を共にしてきたカップルの<人生の最終章>を描いた心震える感動作。タイトルの「スーパーノヴァ(超新星)」は星がその生涯を終える際に起こす大爆発を示す言葉だが、本作では、カップルのかけがえのない愛が見せる“眩いほどの煌めき”をも意味する。不器用で無口だが熱い愛情を持つサムを演じたのは、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたコリン・ファース。また、人を惹きつける才能と魅力に溢れたタスカー役は、『ラブリー ボーン』や『魔女がいっぱい』『プラダを着た悪魔』のスタンリー・トゥッチが務めた。プライベートでも仲が良いという、イギリスとアメリカが誇る2大紳士俳優が、胸が張り裂けるほどの美しい愛の物語を届ける。監督と脚本を務めたのは、ハリー・マックイーン。オリジナル脚本として書き上げた『スーパーノヴァ』が、監督第2作目となる新生監督だ。撮影監督は、『ターナー 光に愛を求めて』などで2度アカデミー賞にノミネートされたディック・ポープが担当した。

STORY

ピアニストのサムと作家のタスカーは、ユーモアと文化をこよなく愛する20年来のパートナー。ところが、タスカーが抱えた病が、かけがえのないふたりの思い出と、添い遂げるはずの未来を消し去ろうとしていた。大切な愛のために、それぞれが決めた覚悟とは――。

 

2020年/イギリス/95分
監督:ハリー・マックイーン
原題:Supernova
出演:コリン・ファース/スタンリー・トゥッチ/ピッパ・ヘイウッド/ジェームズ・ドレイファス/他
配給:ギャガ

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 7/23(金)~8/5(木)
7/23(金)~7/29(木) ①12:20  ②16:40
7/30(金)~8/5(木) ①11:35

 

 

(C)2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.

© 2021 ソレイユ