Featured Video Play Icon

『鯉のはなシアター』【4/16~】

2021/02/17

カープはいつもこの街の希望だった

放送作家、桝本壮志の小説「鯉のはなシアター」が映像化。広島カープの昔のユニークなエピソードと現代劇が織りなす感動の物語。主役に、熱狂的なカープファンで知られるチュートリアルの徳井義実、同じく主役でヒロインには、大林宣彦監督の新作でもヒロインを演じた矢作穂香。その他、八嶋智人、高尾六平、松本裕見子、緒方かな子など多くの広島にゆかりのある出演者が多数参加し、原爆ドーム付近や旧広島市民球場跡地など、広島やカープを象徴する場所で撮影された。監督は広島出身の監督、時川英之。かくユーモア溢れる作品に仕上げている。音楽は、奥田民生や、ソプラノ歌手・野々村彩乃というこちらも広島にゆかりのある音楽家が名を連ねる。

STORY

東京での暮らしに疲れた奥崎愛実は6年ぶりに故郷・広島へと戻って来た。祖父の経営する映画館は経営難でもうすぐ閉館するという。
「万策尽きた」と諦めている人々の前に、東京から徳澤という不思議な男が現れる。徳澤は「昔のカープはお金がなくても知恵を絞って生き残ってきた」と、広島カープの昔話を出しながら、映画館を復興させる様々なアイデアを提案する。困惑する愛実と商店街の人々だが、知られざるカープの珠玉のエピソードに感心してしまう。
戦後、大手スポンサーを持たぬ貧乏市民球団であった広島カープは、それまで誰も考えなかったアイデアを絞り出し、ことごとく危機を乗り越えて成長していった。時には滑稽にさえ思えるカープと広島の人々の必死の努力の物語を愛実たちは知る。あの頃、原爆で何もなくなった街に出来た小さな希望が、カープだった。
徳澤の無茶な提案に振り回されながらも、商店街の人々は何かが変わっていく。映画館に少し活気が戻ってきたかのように思えた頃、突然、徳澤が姿をくらませる。あきれかえる愛実たちだが、次第に彼が来た本当の理由を知り始める。

 

2018年/日本/94分
監督:時川英之
出演:徳井義実/矢作穂香/小越勇輝/高尾六平/他
配給:吉本興業

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 4/16(金)~4/29(木)
4/16(金)~4/22(木) ①9:50  ②16:45
4/23(金)~4/29(木) 時間未定

 

 

(C)2018「鯉のはなシアター 広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ」製作委員会

© 2021 ソレイユ