Featured Video Play Icon

『エレファント・マン』【9/4~】

2020/07/22

マイノリティとそれを取り巻く人々の在り方を描いた問題作。
それは、今なお、私たちの心に突き刺さる――。

第53回アカデミー賞®作品賞など主要8部門でノミネートされ、第34回英国アカデミー賞では作品賞と主演男優賞を受賞。
『イレイザーヘッド』(77)でカルト的な人気を集めていた若きデイヴィッド・リンチ監督の名を一躍世界中にとどろかせた記念碑的映画。

19世紀末のロンドン。怪物のような特異な容姿から“エレファント・マン”と呼ばれて見世物小屋に入れられていた青年メリック。
外科医のトリーヴズは彼が豊かな感情や高い知識を持っていることに気づき、おびえている彼を自分の病院に引き取ることにした。
実在したジョン・メリック青年の数奇な生涯を医師トリーヴズが回顧録に残す。
後に戯曲化され、1979年のブロードウェイ公演が評判となりトニー賞作品賞受賞。
リンチ監督は回顧録にもとづき、戯曲とは別のアプローチで映画化した。

19世紀末ロンドンの場末そのままの、霧が立ち込める街の光と影を美しい4K映像に修復。
そして、メリックの喜びと絶望の明暗をもあざやかに映し出す。
メリックが、人間としての一生を全うしたいと願うラストシーンは、涙とともに永遠に映画ファンの心に刻まれ続けるに違いない。

STORY

19世紀のロンドン。優秀な外科医トリーヴズ(アンソニー・ホプキンス)は、見世物小屋でエレファント・マンと呼ばれる青年メリック(ジョン・ハート)と出会う。
極端に身体が変形したメリックの姿を目にしたトリーヴズは、大きな衝撃を受け、彼を研究対象として病院で預かることに。
当初は物も言えず怯え続けるメリックを誰もが知能も低いと思っていたが、ある日、知性溢れる穏やかな性格であることが発覚。その後、新聞で取り上げられたメリックの元を舞台女優のケンドール夫人(アン・バンクロフト)を始め、上層階級者が訪れるようになる。
トリーヴズは自分が形を変えた見世物小屋の興行師と同じなのではないかと悩むが……。

 

1980年/アメリカ・イギリス合作/124分
監督:デビッド・リンチ
原題:The Elephant Man
出演:アンソニー・ホプキンス/ジョン・ハート/アン・バンクロフト/ジョン・ギールグッド/他
配給:アンプラグド

★こちらの作品は、1,100円均一料金となっております。

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 9/4(金)~9/17(木)
9/4(金)~9/10(木) ①15:15  ②20:05※レイト
9/11(金)~9/17(木) ①13:50  ②18:05

 

(C)1980 BROOKSFILMS LTD

© 2020 ソレイユ