『白い暴動』【7/3~】

 70年代後半のイギリスで、権力を相手に人種差別撤廃を主張し続け、やがてザ・クラッシュをはじめ、数多くのミュージシャンからも支持された、若者たちよる運動“ロック・アゲインスト・レイシズム”を追った、社会派音楽ドキュメンタリー映画

1970年代後半のイギリスで、音楽を通して人種差別撤廃を主張し続けた若者たちによるムーブメント「ロック・アゲインスト・レイシズム」に迫ったドキュメンタリー。経済が破綻状態にあった当時のイギリス。国民の不安と不満は、第2次世界大戦後に増加した移民たちへと転嫁され、イギリス国民戦線を中心とする過激な排外主義運動が高まっていた。街に暴力があふれかえる中、芸術家のレッド・ソーンダズら数人の若者たちが、人種差別に対してロックで対抗する組織「ロック・アゲインスト・レイシズム」を発足。彼らの発信するメッセージは、ザ・クラッシュ、スティール・パルスなどのパンクやレゲエ音楽と結びつき、多くの若者たちに支持されていく。監督は、BBCでドキュメンタリーを手がけてきたルビカ・シャー。

 

2019年製作/84分/G/イギリス
原題:White Riot
監督:ルビカ・シャー
出演:レッド・ソーンダズ/デニス・ボーベル 他
配給:ツイン

©photograph by Syd Shelton

 

 

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 7/3(金)~7/16(木)
7/3(金)~7/9(木) 時間未定
7/10(金)~7/18(木) 時間未定

 

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.