Featured Video Play Icon

『酔うと化け物になる父がつらい』【4/24~】

「涙が止まらない」と圧倒的な反響を呼んだ、
大人気コミックエッセイの映画化!

原作は、アルコールに溺れる父を持った作者・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイ。
友人の付き添いで行ったアルコール依存症セミナーがきっかけで、「自分の父も依存症だったのかもしれない」と気付いたという菊池。自身の体験を基に、2017年、ウェブサイト「チャンピオンクロス」(秋田書店)にて「酔うと化け物になる父がつらい」の連載を開始する。酔って“化け物”となって家に帰ってくる父の姿がコミカルに描かれているだけでなく、生きづらさを感じながらも必死に日々を生きる主人公の姿に共感する人たちが続出。第一話公開の際には、アクセスが集中し、サイトに一時アクセスが出来なくなるほどの圧倒的な反響を呼んだ。

旬なキャスト&日本映画界を代表する名優が勢揃い

主人公・田所サキを演じるのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で注目されて以来、TBS日曜劇場「この世界の片隅に」(18)や映画『おいしい家族』(19)、『わたしは光をにぎっている』(19)など数々のドラマや映画で主演を務め、大活躍中の女優・松本穂香。アルコール依存症の父と新興宗教にハマる母に振り回されるサキの感情の機微を繊細な演技で体現している。また、ダブル主演で、酔うと化け物になるサキの父・田所トシフミを演じるのは、唯一無二の存在感で脇役から主演まで引っ張りだこの実力派・渋川清彦。サキたち家族を苦しめる存在でありながらも、チャーミングな表情や動作には、どこか憎みきれない雰囲気を感じさせる。
脇を固めるのは、今最も旬な若手キャストと日本映画界を代表する名優たち。サキとは正反対でいつでも明るい妹・フミ役には、欅坂46卒業後、初の映画出演となる今泉佑唯。サキの親友・ジュンを、話題作への出演が相次ぐ、若手注目女優・恒松祐里。そして、東大卒のDV彼氏・聡を「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(18-19/EX)で注目を集めた濱正悟が演じている。また、サキの母親をともさかりえ、父・トシフミの同僚をミュージシャンとしても活躍する浜野謙太、トシフミの飲み仲間には宇野祥平、森下能幸、星田英利が、行きつけのスナックのママを安藤玉恵が演じている。

コミカルでありながら、観た後は心があたたまる。
独自の世界観を築く、片桐健滋監督最新作

監督を務めるのは、「TSUTAYA CREATORS‘ PROGRAM FILM 2015」で準グランプリを獲得し、自身初の長編映画となった『ルームロンダリング』(18)が話題を集めた注目の新鋭・片桐健滋。助監督として崔洋一や中村義洋、廣木隆一などの多くの映画監督の作品に携わり、培ってきた演出力とフランスで映画編集を学んだ経験を活かし、独自の視点で物事をコミカルに切り取る作風が注目されている。西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務め、第101回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞監督賞を受賞するなど話題を集めたドラマ24「きのう何食べた?」(19/TX)では、7~9話を監督した。
共同で脚本を担当したのは、脚本家や漫才作家としても活躍する3人組お笑いユニット「ザ・プラン9」の久馬歩。原作の雰囲気を守りつつ、オリジナル要素を加え、つらい体験や哀しい出来事をコミカルに仕上げている。

 

2019年/日本 /95分
監督:片桐健滋
出演:松本穂香/渋川清彦/今泉佑唯/恒松祐里/他
配給:ファントム・フィルム

 

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 4/24(金)~5/7(木)
4/24(金)~4/30(木) 時間未定
5/1(金)~5/7(木) 時間未定

 

(C)菊池真理子/秋田書店 (C)2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.