『毒戦 BELIEVER』【2/7~】

顔なし、声なし、指紋なし—
《捜査不能》の麻薬王を追え。潜入先は狂人区。

韓国で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『デッドプール2』をおさえて初登場第1位を記録し、日本でも熱狂的なファンを持つノワールの傑作『新しき世界』『アシュラ』を超える観客動員500万人を突破。その圧倒的な完成度と個性、一度観たら頭から離れない強烈すぎるキャラクターたちに魅了され、国内に『毒戦』中毒者が続出、異例の完全版まで公開された驚異のヒット作、遂に日本上陸。
オリジナルは、『エグザイル/絆』『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』など数々の傑作を生みだし、香港ノワールの名手として知られる巨匠ジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』。その破壊力全開の銃撃戦と息もできない至近距離戦による重厚なアクションを受け継ぎつつも、裏社会に生きる男たちの人間ドラマはより情感と深みを増し、映像はさらにスタイリッシュに進化。『お嬢さん』『親切なクムジャさん』の脚本家チョン・ソギョンによる大胆な脚色も加わり、幾重にも張り巡らせた伏線に息を飲む、極上のサスペンスが誕生した。

ノワール中毒、待望。
狂気の「毒」で飢えを満たせ。

姿なき麻薬王の逮捕に執念を燃やす麻薬取締官ウォノには『お嬢さん』『工作 黒金星と呼ばれた男』など話題作・異色作に立て続けに出演し、韓国映画界には欠かせない実力派チョ・ジヌン。麻薬組織に見捨てられた青年ラクを演じるのは『タクシー運転手 約束は海を越えて』でいま韓国内で最も期待される若手俳優といっても過言ではない気鋭リュ・ジュンヨル。17年に交通事故で他界、本作が遺作となったキム・ジュヒョクの国内の映画賞を総なめにした演技も見逃せない。韓国最高峰の演技派・クセ者俳優陣が集結し、繰り広げる〈狂気〉の演技合戦に魂がぶっとばされること間違いなし。
評論家に「超弩級の傑作!ノワールの新境地にして到達点」と言わしめたノワールの真骨頂がいよいよ降臨。韓国映画史に刻まれるこの衝撃のラスト、あなたはどう見るか—?最後の1秒まで戦慄が走る、ノワール映画の新たなる金字塔に、中毒必至。

 

2018年/韓国/124分/PG12
監督:イ・ヘヨン
原題:Believer
出演: チョ・ジヌン/リュ・ジュンヨル/キム・ジュヒョク/チャ・スンウォン/他
配給:ギャガ・プラス

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 2/7(金)~2/20(木)
2/7(金)~2/13(木) 時間未定
2/14(金)~2/20(木) 時間未定

(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.