『“樹木希林”を生きる』【11/22~】

「ちゃんと生きるってことは
なんでもないことをやるしかない」

「夫婦でお互い感謝する日がくるわよ。
いつ別れようと思って
生活しているよりいいじゃない」

「年を取るっていうのが全然嫌じゃない。
むしろ老けていった方が楽ですよ」

初めて許された長期密着取材。
“樹木希林”を生き抜いた姿が
濃密に刻まれている—。

2018年9月15日、女優・樹木希林が75歳で亡くなった。
作品に奥行きをつくるリアルで味わい深い演技、
ユーモラスで心に突き刺さる言葉や軽やかな生き様・・・・・・
今なお、私たちを魅了し続ける樹木希林とは何者なのか。
大反響を巻き起こしたドキュメンタリー番組が、
多数の未公開映像を加え再編集、
装いを新たに映画として生まれ変わる。
全身をがんに冒されても、悲観せず、
かといって気負いもなく淡々と女優として生きた。
4本の映画撮影に密着した取材を通して映しだされる、
様々な“樹木希林”。
仕事、家族との関係、そして大切にしていた日々の暮らし。
人生の晩年をどのように生き、畳もうとしたのか?
「あとは、じぶんで考えてよ」
樹木希林のそんな声がきこえてくる。

 

 

2019年/日本/108分
監督:木寺一孝
出演:樹木希林
配給:日活

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 11/22(金)~12/5(木)
11/22(金)~11/28(木) 時間未定
11/29(金)~12/5(木) 時間未定

(C)NHK