『だれかの木琴』【10/29~】

2016/09/28

心の隙間に入ってきた美容師に、
どうしようもなく心が囚われてゆく——
求めあい、ねじれゆく男と女のサスペンス

平凡に生きてきた主婦が、ふとした心の隙間に入って来た美容師の男に、どうしようもなく心を囚われていく。あなたなら、この〈名前のない想い〉を何と呼ぶ?好奇心…衝動…執着…恋…それとも欲望? エスカレートしていく彼女の言動に息をのみながら、私たちはふと気づくだろう。SNSでフォローしている特別な相手に対してやっている自分の行為と似ていることに。休日に誰とどこへ出かけたのか、今どこで何を食べているのか、見たい、知りたい──。

閉塞した現代社会で孤独を癒すためにSNSに逃げ込む私たちと、癒す術を持たず美容師の男にのめりこむ主婦、そんな女の飢餓感を見つめる男の〈想い〉が重なり合っていく。愛と呼ぶにはあまりにも危険で切ない、求め合いねじれゆく男と女をスリリングかつエレガントに描く、大人のためのサスペンスが誕生した。

小夜子を演じるのは、映画・TV・舞台と幅広く活躍し、今や日本のエンタテインメント界のトップに立つ常盤貴子。少しずつ道を踏み外していく狂気はリアルに、膨らんでいく妄想は匂い立つようなエロスで演じ、新たな代表作をここに打ち立てた。 海斗には、2014年の映画賞を総なめにし、2016年には本作以外にも7本の話題作が公開され、間違いなく日本映画界の未来を牽引する池松壮亮。自分につきまとう主婦に戸惑いながらも、彼女に何が起きているかを見極めようと正面から対峙する大人の男に挑む。

その他、小夜子の夫に勝村政信、海斗の恋人に佐津川愛美が扮している。

監督・脚本は、『絵の中のぼくの村』で、ベルリン国際映画祭銀熊賞を始め40以上の栄誉ある賞に輝いた名匠、東陽一。かつて『もう頬づえはつかない』や『四季・奈津子』など女優演出で高く評価された監督が、久しぶりに女性のミステリアスな本性を描き、常盤を新境地に導いた。原作は直木賞作家の井上荒野。

どこにでもいる主婦の小夜子に、本当は何があったのか──最後にそれを理解した時、観る者の心の奥底に眠る孤独感と疎外感が解き放たれていく、稀有なる魂の共鳴の物語が完成した。

【ストーリー】

親海小夜子(常盤貴子)は、警備機器会社勤務の優しい夫の光太郎(勝村政信)と、可愛い中学生の娘かんな(木村美言)と3人暮らし。念願の一軒家に引っ越した小夜子は、近くで見つけた美容院で山田海斗(池松壮亮)と名乗る若い美容師に髪を切ってもらう。

「本日はご来店、ありがとうございました。」
その日のうちに海斗からのお礼のメールが届き、小夜子は「今後ともよろしくお願いします」となにげなく返信するが、なにかが小夜子の中でざわめいたのだった。その返信にさらに返信を重ね、レスが途絶えると再び店を訪れて海斗を指名する小夜子。

ある日、店での会話をヒントに、海斗のアパートまで探し当てた小夜子は、ドアノブに「買いすぎたのでどうぞ」というメモとともに苺のパックを吊るして帰る。新しいお得意様に対する拭いがたいもやもやを感じていた海斗は、はっきりと小夜子の執着を危険なものとして感じ取る。次の休みの日、またしても小夜子は海斗の家にやってきて、今度は家の呼び鈴を押した。近くまで来たという小夜子に海斗は「汚いとこですけど、どうぞ」と招き入れる。「そんなつもりじゃ」と慌てる小夜子だったが、部屋に吸い込まれるように入ってしまうのだった……。

やがて家族や周囲を巻き込み、2人の関係がたどり着いた思わぬ結末とは──?

ab39baafb1d14f492016年/日本 /112分/
監督:東陽一
出演:常盤貴子/池松壮亮/佐津川愛美 /勝村政信 /山田真歩 他
配給:キノフィルムズ

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 10/29(土)~11/11(金)
10/29(土)~11/4(金) ①11:35 ②18:20
11/5(土)~11/11(金) ①14:45

 

[margin_5t](C)2016「だれかの木琴」製作委員会

Copyright© ソレイユ , 1948-2020 All Rights Reserved.