今後の上映予定作品

『女王陛下のお気に入り』【5/17~】

『女王陛下のお気に入り』【5/17~】

17人の子供に先立たれた孤独な女王と、その寵愛を取り合う二人の女 息もつかせぬ、稀代の宮廷絵巻 2018年のベネチア国際映画祭で、審査員大賞と女優賞のダブル受賞を果たし、本年度の賞レースの主役は間違いなしとメディアからも…

『多十郎殉愛記』【5/17~】

『多十郎殉愛記』【5/17~】

夢も希望もなく、大義もないその男はただひたすらに強かった。 毎日を独り生き抜くその女は、大きな心で男を慈悲深く包んだ。 「木枯し紋次郎」「まむしの兄弟」「狂った野獣」「極道の妻たち」数々の傑作を撮り続けてきた84歳の巨匠…

『金子文子と朴烈(パクヨル)』【5/24~】

『金子文子と朴烈(パクヨル)』【5/24~】

青春を懸けて掴み取ろうとした、愛、そして革命。 社会の底辺で見つけた、美しくも狂おしい魂の叫び――。 1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書い…

『ウトヤ島、7月22日』【5/31~】

『ウトヤ島、7月22日』【5/31~】

ノルウェーを襲った悪夢のような連続テロ事件 ウトヤ島での無差別銃乱射事件を 72分間ワンカットで映像化 2011年7月22日。治安が安定した北欧の福祉国家として知られるノルウェー王国が、悪夢のような惨劇に襲われた。午後3…

『希望の灯り』【6/7~】

『希望の灯り』【6/7~】

旧東ドイツの巨大スーパーで働く人たち、 そのつましい世界のぬくもり 腕や首の後ろにタトゥーを入れた無口な青年クリスティアンは、巨大スーパーマーケットの在庫管理係として働き始める。旧東ドイツ、ライプツィヒ近郊。店の周囲には…

『12か月の未来図』【6/7~】

『12か月の未来図』【6/7~】

パリ郊外――、移民、貧困、学力低下。 フランスが直面する社会問題を背景に描く“学ぶこと”の大切さ もし、フランス最難関のエリート高校の教師が、パリ郊外の教育困難校に送り込まれたら? 移民問題で揺れるフランスで今、大きな社…

『荒野にて』【6/14~】

『荒野にて』【6/14~】

第74回ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞受賞!新星チャーリー・プラマーが魅せる、 自分の居場所を探し求める切望。 「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ監督が、孤独な少年と一頭の馬の歩む旅路を描いた人間ドラマ…