公開終了
2014/03/22

『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』【3/22~4/11】

彼は記憶を上書きされた。

原作は、第15回サントリーミステリー大賞読者賞受賞のベストセラー小説・司城志郎著「ゲノムハザード」(小学館文庫)。記憶をトリックに紡がれるこのまったく特異なストーリーがついに映画化される。
本当の自分は韓国人の科学者だった―という事実を突き止めた主人公のその先に待ち受ける、謎に次ぐ謎に迫る5日間。まさに映画ならではの命からがらの逃走劇を繰り広げる、一瞬先も予測不可能なアクション・サスペンスが誕生した。
監督は、デビュー作『美しき野獣』が高く評価されたキム・ソンス。主演は日本映画界を代表する実力派俳優・西島秀俊。監督が「疲れを知らない体力と揺らぐことのない精神力で危険なシーンのほとんどを代役なしで演じてくれた」と語るように、数々のアクションシーンに挑み新たな一面を見せている。ほかにもキム・ヒョジン、真木よう子、浜田学、中村ゆり、伊武雅刀など実力派キャストが出演している。

【ストーリー】
ある日、石神武人(西島秀俊)は自宅で殺された妻を発見する。呆然としながら突然鳴った電話に出ると、受話器から聞こえたのは、傍らで冷たくなっているその妻の声だった―。
この日を境に彼は別の記憶が混在するようになる。そして辿り着いた事実、それは―本当の彼は韓国人科学者オ・ジヌだということ。彼の記憶は“上書き”されていたのだ。
なぜか彼を捕えようとする警察を騙る男たちから逃れながら、正体不明の女性記者(キム・ヒョジン)と真実を追ううちに、彼は自分の妻を装う女(真木よう子)と出会い―
誰が、何のために記憶を奪ったのか?なぜ、追われているのか?―5日後、すべての記憶は消える。

ゲノムポスター
2013年/韓国・日本合作/120分

監督:キム・ソンス(脚本)
原作:司城志朗
出演:西島秀俊/キム・ヒョジン/真木よう子/他
配給:アスミック・エース

上映場所 ホール・ソレイユ(4F)
上映期間 3/22(土)~4/11(金)終了
3/22(土)~3/28(金) ①12:10 ②20:00(レイト)
3/29(土)~4/4(金) ①10:50 ②20:50(レイト)
4/5(土)~4/11(金) ①13:30