公開終了
2014/01/18

『李藝 最初の朝鮮通信使』【1/18~1/31】

歴史に生き続ける事実が今 この瞬間につながる 日韓関係を語る全ての人に―

今から約600年前、朝鮮半島から命がけの航海で、43年間に40数回も来日した外交官がいた。名は李藝(りげい韓国語読み イ・イェ)。
地方の小役人だった李藝は、世宗(セジョン)大王の信頼厚い外交官となり、室町幕府・足利将軍に謁見するまで京都まで出向いた。
しかし李藝には、8歳の頃母を倭寇に拉致されるという悲しい過去があった。
少年の心に強く芽生えたであろう憎しみの情を、どのように友愛の情に変えて日朝の友好に人生をかけたのか…。

韓国人俳優ユン・テヨンが、韓流ドラマやK-POPが席巻する今日の日本で、かすかに残された李藝の軌跡をたどり、釡山から京都までを旅する。驚くべきことに、今はさびれた瀬戸内の小さな港町には、朝鮮通信使をもてなした交流の歴史が、現在もなお大切に残されているのだった…。

同じ頃、駐日韓国大使館主催、朝鮮通信使の軌跡を辿るSNSリポーターの旅に参加した日本の大学生たちは、韓国で、知らなかった日韓の歴史に触れる。日本と韓国、たくさんの共通点もあれば、避けられない問題も…。新しい世代の若者たちは、どう乗り越えていくのだろうか―?

旅を通して見えてきたのは、いつの時代も変わらない、目の前の相手と心を通わせたいと願う人々の姿…。
日本人と韓国人が共に前へ進むために、今だからこそ挑む、渾身のドキュメンタリー。

rigei_B5_omote
2013年/日本・韓国合作/71分

監督:乾弘明
出演:ユン・テヨン(ナビゲーター)
配給:平成プロジェクト/東京テアトル

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 1/18(土)~1/31(金)終了
1/18(土)~1/24(金) ①10:00
初日舞台挨拶あり!ご来場ありがとうございました。
1/25(土)~1/31(金) ①10:00 ②15:30