『斬、』【12/7~】

塚本晋也監督が挑む 初の時代劇

250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。
江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と人々の姿を通し、生と死の問題に迫る衝撃作。
監督、出演、脚本、撮影、編集、製作は、戦争の恐怖をあぶり出した『野火』の塚本晋也。塚本の熱い想いに応えるべく、文武両道で才気あふれる浪人を渾身の力で演じた池松壮亮。不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を、凛とした美しさで体現した蒼井優。本作で初めて塚本作品への参加を果たした二人のぶつかり合うような演技合戦は圧巻だ。
一本の刀が、時代を超えて、今という時代に生きるすべての人の心に斬り込んでくるー

 

2018年/ 日本 / 80分
監督:塚本晋也
出演:池松壮亮/蒼井優/中村達也/前田隆成/塚本晋也 他
配給:新日本映画社

 

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 12/7(金)~12/20(木)
12/7(金)~12/13(木) 時間未定
12/14(金)~12/20(木) 時間未定

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER