『ファントム・スレッド』【8/25~】

第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネート、衣装デザイン賞を受賞!
アカデミー主演男優賞三度受賞の名優ダニエル・デイ=ルイス引退作

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが2度目のタッグを組み、1950年代のロンドンを舞台に、有名デザイナーと若いウェイトレスとの究極の愛が描かれる。「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「リンカーン」で3度のアカデミー主演男優賞を受賞している名優デイ=ルイスが主人公レイノルズ・ウッドコックを演じ、今作をもって俳優業から引退することを表明している。1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。ウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

オートクチュールのドレスが導く、禁断の愛

1950年代、ロンドン。英国ファッションの中心に君臨し、社交界から脚光を浴びる天才的な仕立て屋のレイノルズ。
ある日、レイノルズはウェイトレスのアルマと出会い、彼女を新たなミューズに迎え入れる。
彼はアルマの“完璧な身体”を愛し、彼女をモデルに昼夜問わず取り憑かれたようにドレスを作り続けた。
しかし、アルマの気持ちを無視して無神経な態度を繰り返すレイノルズに不満を募らせたアルマは、ある日朝食に微量の毒を混ぜ込む…。
やがてふたりは、後戻りできない禁断の愛の扉を開き、誰もが想像し得ない境地へと向かう。
この愛のかたちは、歪んでいるのか?それとも純愛なのか   
華やかなオートクチュール(高級仕立服)の裏側で、映画史上もっとも甘美で狂おしい愛の心理戦がはじまる!

2017年/アメリカ/ 130分
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
原題 :Phantom Thread
出演:ダニエル・デイ=ルイス/ビッキー・クリープス/レスリー・マンビル 他
配給: ビターズ・エンド、パルコ

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 8/25(土)~9/13(木)
8/25(土) ①12:15 ②17:10
8/26(日)~8/30(木) ①12:00 ②16:55
 8/31(金)~9/6(木) 時間未定
9/7(金)~9/13(木) 時間未定

(C)2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved