『女は二度決断する』【7/7~】

突然、最愛の家族を奪われた女。
絶望の中、彼女がくだす決断とは──。

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコ系移民であるヌーリと結婚する。かつて、ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、カティヤとともに真面目に働き、息子ロッコも生まれ、幸せな家庭を築いていた。ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。外国人同士の抗争を疑い警察は捜査を進めるが、在住外国人を狙った人種差別主義のドイツ人によるテロであることが判明する。容疑者は逮捕され裁判が始まるが、被害者であるにも関わらず、人種や前科をあげつらい、なかなか思うような結果の出ない裁判にカティヤの心の傷は深まってゆく。愛する人、愛する子供と生きる、ささやかな幸せ。それが一瞬にして壊されてしまった。絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤがくだす決断とは――。
ドイツ警察の戦後最大の失態と言われるネオナチによる連続テロ事件。初動捜査の見込み誤りから、10年以上も逮捕が遅れ、その間、犯人は殺人やテロ、強盗を繰り返した。それらの実際の事件に着想を得て『女は二度決断する』は生まれた。理不尽な暴力により、愛する家族を奪われたあるひとりの女性が、捜査や裁判の過程によって更に心を引き裂かれる。もしも自分の家族に突然悲劇が起きたならば、そのときにどうするのか? これ以上ない悲しみを湛えて迎える衝撃的な結末は、すべての人の心を強く揺さぶる。

ゴールデングローブ賞 外国語映画賞、
カンヌ主演女優賞受賞!
ダイアン・クルーガーが最高の演技を魅せる、
名匠ファティ・アキン監督最新作。

ゴールデングローブ賞授賞式。驚きと感激を隠せないダイアン・クルーガーとファティ・アキン監督が壇上にいた。数々の強豪を打ち破り、外国語映画賞を受賞した『女は二度決断する』。「ダイアンなしにこの賞はなかった。この受賞は君のものだ。僕らのものだ」というファティの言葉はダイアンのみならず、会場中の感動を呼んだ。
主人公カティヤを演じたダイアン・クルーガーは、ハリウッド、ヨーロッパとワールドワイドに活躍する実力派女優。初めて母国語であるドイツ語で演じ、見事、第70回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を獲得した。世界がダイアン・クルーガーの演じた悲しみを共有したのだ。カンヌでの受賞後も各国の映画祭でダイアンの力強い演技が絶賛されている。
監督はドイツの名匠ファティ・アキン。ベルリン、カンヌ、ヴェネチア、世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞経験を持つカリスマ監督だ。自身もトルコにルーツを持つ監督ならではの強い想いが本作には込められている。音楽はアメリカン・ロック界の雄クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オム。レディー・ガガやイギー・ポップ、フー・ファイターズとのコラボレーションも多く、2017年発売のアルバム「ヴィランズ」はグラミー賞にノミネートされた実力派バンドの中心人物である。ジョシュが書き下ろした楽曲は、エレクトリックと生楽器の音を組み合わせ、主人公カティヤの激しく揺れる気持ちに寄り添う。
本作は、ゴールデングローブ賞で受賞した他、数々の映画賞にノミネートされ、アカデミー賞®外国語映画賞ショートリスト(ドイツ代表)にも選出されている。

 

2017年/ドイツ/106分/PG12
監督:ファティ・アキン
原題 :Aus dem Nichts
出演:ダイアン・クルーガー/デニス・モシット/ヨハネス・クリシュ/サミア・シャンクラン/ヌーマン・アチャル 他
配給:ビターズ・エンド   

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 7/7(土)~7/27(金)
7/7(土)~7/13(金) 時間未定
7/14(土)~7/20(金) 時間未定
7/21(土)~7/27(金) 時間未定

(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production, corazon international GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH