公開終了
2018/03/01

『ハッピーエンド』【4/28~】

「なぜ、やった?」「何を」85歳の祖父と、13歳の孫娘。
ふたりを惹きつける大きな”秘密”。
ハネケ監督がわたしたちに問いかける問題作。

『白いリボン』と『愛、アムール』で二度にわたって、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝いた名匠ミヒャエル・ハネケ。
『愛、アムール』では老境の夫婦ジョルジュとアンヌの愛と死に透明な視線を投げかけ、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。
それから5年、昨年のカンヌ映画祭を衝撃の渦に巻き込んだ『ハッピーエンド』では、フランスの移民問題を象徴する街カレーの瀟洒な邸宅に住まうロラン家を背景に、『愛、アムール』の続きともとれる、新たな愛と死を衝撃的に描く。

ハネケは祖父ジョルジュと疎遠だった孫娘エヴの再会に光を当てる。
幼い頃父に捨てられ、愛に飢え、死とSNSの闇に取り憑かれたエヴの閉ざされた扉を、ジョルジュの衝撃の告白がこじ開ける。
『ハッピーエンド』は、現代のヨーロッパに“教養あるブルジョワジーはもはや存在しない”ことを炙り出しながら、ディスコミュニケーションの闇が広がる今、孤独な魂の会合が断絶した絆に血が通う瞬間に観客を立ち会わせる。

 ストーリー

カレーに住むブルジョワジーのロラン家は、瀟洒な邸宅に3世帯が暮らす。
その家⻑は、建築業を営んでいたジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)だが、⾼齢の彼はすでに引退している。
娘アンヌ(イザベル・ユペール)が家業を継ぎ、取引先銀⾏の顧問弁護⼠を恋⼈に、ビジネスで辣腕を振るっている。
専務職を任されたアンヌの息⼦ピエール(フランツ・ロゴフスキ)はビジネスマンに徹しきれない。
使⽤⼈や移⺠労働者の扱いに関しても、祖⽗や⺟の世代への反撥があるものの、⼦供染みた反抗しかできないナイーヴな⻘年だ。
またアンヌの弟トマ(マチュー・カソヴィッツ)は家業を継がず、医師として働き、再婚した若い妻アナイス(ローラ・ファーリンデン)との間に幼い息子ポールがいる。
その他、幼い娘のいるモロッコ⼈のラシッドと妻ジャミラが住み込みで⼀家に仕えている。

一家は、同じテーブルを囲み、⾷事をしても、それぞれの思いには無関⼼。
SNSやメールに個々の秘密や鬱憤を打ち込むだけ。
ましてや使⽤⼈や移⺠のことなど眼中にない。
そんな家族の中、ハネケは祖⽗ジョルジュと疎遠だった孫娘エヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)の再会に光を当てる。
⽼いた祖⽗は、意に添わぬ場⾯ではボケたふりをして周囲を煙に巻きながら、死の影を纏うエヴのことも実はちゃんとお⾒通し。
⼀⽅、幼い頃に⽗に捨てられ、愛に飢え、死に取り憑かれたエヴもまた醒めた⽬で世界を⾒つめている。
秘密を抱えた⼆⼈の緊張感漲る対峙。ジョルジュの衝撃の告⽩は、エヴの閉ざされた扉をこじ開ける―――

2017年/ フランス・ドイツ・オーストリア合作/ 107分
監督:ミヒャエル・ハネケ
原題 :Happy End
出演:イザベル・ユペール/ジャン=ルイ・トランティニャン/マチュー・カソビッツ/ファンティーヌ・アルドゥアン/フランツ・ロゴフスキ/ 他
配給: ロングライド

 

上映場所 ソレイユ・2(地下)
上映期間 4/28(土)~5/11(金)
 4/28(土)~5/4(金) ①10:20 ②17:00
 5/5(土)~5/11(金) ①11:30 ②18:10

(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE – X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA – FRANCE 3 CINEMA – WESTDEUTSCHER RUNDFUNK – BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE – ORF Tous droits reserves