『光』【2/3~】

三浦しをん、善悪の彼岸へ。
圧倒的暴力を描く衝撃作、ついに映画化。

「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをんの作品群で、徹底的に人間の闇を描き、ファンを中で特別な評価を得ている一作、
「光」が『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手によりついに映画化となる。
かねてからの競演を望んでいた井浦新、瑛太のふたりの狂気と怪物性、
そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような情熱を放つ、苛烈なる人間ドラマがここに誕生した。

「野生」に踏み出してしまった「人間」の姿―。

25年前に消滅したはずの秘密を握って、今日彼は笑って現れた。

ストーリー

東京の離島、美浜島。
中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。
美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。
信之を慕う年下の輔は、父親からはげしい虐待を受けており、誰もが見て見ぬふりをしていた。
ある夜、美花と待ち合わせをした場所で、信之は美花が男に犯されている姿を見る。
そして信之は美花を救うために男を殺してしまう―。
その夜、理不尽で容赦ない天災が島に襲いかかり、すべてを消滅させた。
生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。
それから25年後、島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。
妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。
誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

2017年/ 日本/ 137分/
監督:大森立嗣
出演:井浦新/瑛太/長谷川京子/橋本マナミ/梅沢昌代 他
配給: ファントム・フィルム

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 2/3(土)~2/16(金)
 2/3(土)~2/9(金) 時間未定
 2/10(土)~2/16(金) 時間未定

(C)三浦しをん/集英社 (C)2017「光」製作委員会