『あなた、そこにいてくれますか』【12/16~】

人生のタイムラインに刻まれた幾つもの選択肢。
もし過去に戻ることができるなら、あなたはどんな未来を選びますか?

本作は、過去に戻ることのできる10粒の薬を手に入れた男が、30年前の自分自身に出会い、生涯後悔していた過去のある出来事を変えようとする物語。世界30ヵ国でベストセラーになったフランスの人気作家ギヨーム・ミュッソの小説「時空を超えて」を元に製作され、2016年12月に韓国で公開されると、公開1週目の興行収入が『ラ・ラ・ランド』(16)を上回り、2週目で100万人を突破、『建築学概論』(12)を超える口コミ指数の高さを記録した。2015年現代のスヒョンを演じるのは、韓国映画界の実力派キム・ユンソク。『チェイサー』(08)では韓国の主要な映画賞の主演男優賞を独占する大記録を打ち立てるなど、圧倒的な演技力で観客を魅了してきた。1985年の若きスヒョンを演じるのは、人気ドラマ「ミセン-未生-」(14)や「六龍が飛ぶ」(15)で脚光を浴びたピョン・ヨハン。独立系の短編映画で経験を積み、次世代を担う若手俳優として今最も勢いがある逸材である。

韓国公開時には、劇中での2人の演技のシンクロ率が注目を集め“スヒョニズ”という愛称で呼ばれるほど話題になった。また、スヒョンが愛する恋人ヨナ役には、本作のオーディションで競争率1,000倍を勝ち抜いたチェ・ソジン。『渇き』(09)などに出演した女優キム・オクビンを姉に持ち、子役から活動を重ねてきた彼女が儚げなヒロインを演じた。その他、スヒョンの親友テホ役を韓国映画界になくてはならない個性派俳優のキム・サンホ、若き日をアン・セハがつとめ、彼らの存在も本作を輝かせる。

2015年と1985年。時を超えて出会った2人の主人公が選ぶ未来は―。 これまでの人生の中で誰しもが持つ、忘れられないあの思いがよみがえる、心に沁み渡る珠玉の物語が誕生した。

ある日、目の前に現れた30年後の僕。
告げられたのは、最愛の恋人を失う代わりに、最愛の娘を授かる未来。
大切な存在を守るため、2人の自分が出した答えは――

ストーリー

医療ボランティアでカンボジアを訪れた医師のハン・スヒョンは、赤ん坊の手術をしたお礼に願いを叶えるという10粒の薬を受け取る。彼の願い…それは、30年前に亡くなった当時の恋人ヨナに、もう一度だけ会いたいということだった。半信半疑で薬を飲むと、1985年にタイムスリップし、そこで過去の自分と出会う。ヨナの身に起きた事実を知った若い自分は彼女を助けたいと願うが、彼女との未来を選んでしまうと、彼女の死から10年後に生まれた娘の存在を消してしまうことになる。2015年と1985年、時を超えて出会った2人のスヒョンが選んだ答えとは―

2016年/韓国 /111分/
原題:Will You Be There?
監督:ホン・ジヨン
出演:キム・ユンソク/ピョン・ヨハン/チェ・ソジン/キム・サンホ/アン・セハ 他
配給:ギャガ・プラス 

 

上映場所 ホールソレイユ(4F)
上映期間 12/16(土)~12/29(金)
12/16(土)~12/22(金) 時間未定
12/23(土)~12/29(金) 時間未定

(C)2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.