『セザンヌと過ごした時間』【11/25~】

眩い太陽が降り注ぐ南仏プロヴァンス、芸術の都パリを舞台に、名画に隠された、激しくも美しい友情の実話

ピカソに「我々の父」、マティスに「絵の神様」と崇拝された、画家ポール・セザンヌ。リンゴを描いた静物画や、生まれ故郷である南仏の風景画は広く愛され、その作品は今も世界中の美術館に飾られている。だが、セザンヌが現在の不動の評価を得たのは、亡くなった後のこと。その“不遇の天才”には、共に支え高め合うライバルがいた。不朽の名作『居酒屋』『ナナ』の小説家エミール・ゾラ。名画と小説に隠された、40年にわたる、激しくも美しい友情が今、明かされる——。

ギョーム・ガリエンヌとギョーム・カネ
フランス実力派の名をかけた熱き競演

 

セザンヌには、『不機嫌なママにメルシィ!』がセザール賞作品賞を含む主要5部門に輝き、今やフランスで絶大な人気を誇るギヨーム・ガリエンヌ。破天荒な言動で周りを魅了するセザンヌをダイナミックに演じた。ゾラには、『戦場のアリア』のギヨーム・カネ。最後は謎の死を遂げたゾラの複雑な人物像を繊細に演じた。『モンテーニュ通りのカフェ』のダニエル・トンプソン監督が、15年に渡る膨大なリサーチの末、長年の夢を映画化。人は喜びも悲しみも、こんなにも美しく確かな形に残すことができる──芸術の秘密に心が躍る感動作が誕生した。

[ストーリー]
少年時代に出会ったセザンヌとゾラの絆は、境遇は違うが芸術家になる夢で結ばれていた。ひと足先にパリに出たゾラは、小説家としてのデビューを果たす。一方、セザンヌもパリで絵を描き始め、アカデミーのサロンに応募するが、落選ばかり。やがてゾラは、ベストセラー作家となって栄光を掴むが、セザンヌは父親からの仕送りも断たれ転落していく。そして、ある画家を主人公にしたゾラの新作小説が友情にひびを入れるが…。

2016年/ フランス/ 114分
原題: Cezanne et moi
監督:ダニエル・トンプソン
出演:ギョーム・ガリエンヌ/ギョーム・カネ/アリス・ポル/デボラ・フランソワ/フレイア・メーバー 他
配給:セテラ・インターナショナル

上映場所 ソレイユ2(地下)
上映期間 11/25(土)~12/8(金)
11/25(土)~12/1(金) 時間未定
12/2(土)~12/8(金) 時間未定

(C)2016 – G FILMS – PATHE – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINEMA – UMEDIA – ALTER FILMS