『エル ELLE』【12/2~】

第89回 アカデミー賞®主演女優賞ノミネート
第74回 ゴールデングローブ賞、主演女優賞、外国語映画賞 W受賞!
第42回 セザール賞(仏アカデミー賞)作品賞、主演女優賞 W受賞!

 犯人よりも危険だったのは彼女だった──

『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督  + フランスの至宝イザベル・ユペール + 『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』原作者フィリップ・ディジャン  危険レベルまで常識を超えた才能が集結!!

「なんてキョーレツで、なんて面白い!」様々なドラマを生んだ本年度の賞レースで、ひときわ異彩を放ちながら、次々と膨大な数の賞をさらい、フランス映画にしてアカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした話題作が、遂に日本をも席巻する日がやってきた!

自宅で覆面の男に襲われたゲーム会社の女社長が、自ら犯人をあぶり出すために恐るべき罠を仕掛けていく。彼女は強靭な精神力と、妖艶な魅力を放つ大人の女性だ。だが、事件の真相に迫るに従い、観客は衝撃の連打を浴びる。

この女、いったい何者!? 彼女こそが、犯人よりも遥かに危ない存在だった。

世界を驚愕させたヒロインを演じるのは、フランスの至宝にして歳を重ねる度に魅力が増すイザベル・ユペール。監督は『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン。原作はラブストーリーの金字塔『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のフィリップ・ディジャン。刺激的でアブノーマルな才能が互いを高め合い、世界初の気品あふれる変態ムービーにして異色のサスペンスが誕生した!

ストーリー

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった──。

2016年/フランス/131分/PG12

上映場所 ホール・ソレイユ(4F)
上映期間 12/2(土)~12/22(金)
12/2(土)~12/8(金) 時間未定
12/9(土)~12/15(金) 時間未定
12/16(土)~12/22(金)  時間未定

原題:Elle
監督:ポール・バーホーベン
出演:イザベル・ユベール/ローラン・ラフィット/アンヌ・コンシニ/シャルル・ベルリング/ビルジニー・エフィラ 他
配給:ギャガ

(C)2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINEMA – ENTRE CHIEN ET LOUP